« Brecker Brothers Band Reunion | Main | ついにマダイ »

December 01, 2014

インターステラー

地球滅亡の危機を前に移住可能な惑星を探索に行くっつー、クリストファー・ノーランによる、王道ド直球のSF映画。親子の別れを絡ませた人間ドラマが軸になるあたりは、星野之宣的と言ってもいいかしらん。

モノリスっぽいロボットとか、宇宙空間では徹頭徹尾音を出さない演出などは明らかに「2001年」を意識してたり、父と娘の物語という点では「コンタクト」。まあ世代的にもどうしたって影響は免れない…というかむしろ意図的にやってんでしょうな。
余談だけど、ノーランは007シリーズもずっとやりたいと言ってるらしく、「インセプション」の雪山アクションはモロに007的だったりしてますからねえ。

しかし洋画SFでいわゆるウラシマ効果をきっちりドラマに絡めたのって初めてぐらいじゃないですかね。SFガジェットとしてはタイムトラベルにせよウラシマ効果にせよ、時空を隔てたドラマ作りにはもっとも効果的なので、手堅くやれば絶対泣ける…とかいうとナンですけど、父と娘が離れ離れっていうだけで、小生的には我が身に置き換えてしまって辛いのなんの。しかも娘の年齢設定がウチと同じぐらいだしさ、心の中じゃ号泣ですよ。

見終わってみれば、大傑作!とかいうものでもなかったけど、料金分ぐらいはきっちり手堅くってとこですかね。なんだかんだで十分良かったよ。

しかし現役理論物理学者のキップ・ソーンが製作に名前を連ねているだけあって、科学技術は現在の延長線上だけど(明らかなオーヴァーテクノロジーはコールドスリープぐらいか?)SF的ガジェットが結構ビシバシ出てきて、ある程度基礎知識が無いと根本のストーリーすらポカーンとなる可能性があるような内容を大金かけてよく作れたなと感心しましたです。

« Brecker Brothers Band Reunion | Main | ついにマダイ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事