« ついにマダイ | Main | ヤマト2199 コンサート 2015 »

February 28, 2015

スミヤキ

今年は新年の書き込みもせず放置してましたが、相も変わらず貧乏暇無しと。

で本題。

正式名はクロシビカマスというらしいが、相模湾あたりじゃスミヤキと言われるこの魚。あんまり売っているのを見たことはないが、非常に美味いらしい...らしいというのは釣ったことがなかったからで、というのも此奴は非常に歯が鋭く、ハリスをめったやたらと切りまくるのというのを一年ほど前に体験しとったんよ。
スミヤキ自体は専門で狙うというよりはゲスト扱いではあるものの、群れに出会えばサバかっつーくらい簡単に掛かるのだがいざ取り込みとなるその最終段階でハリス切られてしまいあがりゃしない。そんなわけで一尾すらも上げることなくがっくり感満載。

そして今年。
相模湾でメダイ五目が始まり、スミヤキも上がってるなんで情報をもとにメダイよりもスミヤキ狙いを胸にほぼ一年越しのリベンジ戦。
初めてみればなぜかイカが釣れてしまい(たぶんスルメイカですかね)これはこれで初めてなので嬉しい。なるほどイカはこういう引きをするのかと学習。
そんなこんなで強烈な引きとともに裏本命(本当は表。本気で釣れなくてもいいと思ってると釣れてしまう皮肉)のメダイもつれちゃったりなんかして。メダイはでっかいので小生のクーラーにゃたくさん釣れても困るもんで、のんびり後始末してたら船長さんに「今来てるからどんどんやって」なんつってハッパかけられたりして、さすがにスミヤキ釣りに来たんでメダイはいらんとか言えず。

メダイが落ち着いた頃にメダイほどではないがなかなかにパワーのある引きが来て水面に見えた其奴はスミヤキ。が、またしても水面でハリス切られてしまいサヨウナラ。やはり普通の仕掛けではダメなようで、だいぶ前からこの日のために持っていたタチウオ用の中でも特に根元が編み込みで強そうなやつで挑んでみることに。
棚に仕掛けをおろすと即アタリ。電動最速で巻き上げても途中の引きはなかなかに強烈なのは伊達に名前にカマスと入ってないねってなもんで。そしてついに取り込み成功。嬉しい。
やはりタチウオ仕掛けが効いたかね。メダイもイカもあるしどうせ出張続きだし、てなわけでその後も入れ食いは続いたのでガチに釣りに行けばツ抜けは余裕と思えた状況ですが、相当セーブして7尾とほどよいところで終了。

うち帰って早速刺身におろしてみたが、話通りに歩留まり悪い(皮下に骨があって、それを避けないと刺身にならんのです)。もっともサイズは良いので歩留まり悪くても数捌けば食える量にはなる。
肝心の味は文句なしでした。形にこだわらなければスプーン状のもので骨を避けてこそぎ取るのが無駄がない感じですかな。
塩焼きも脂がジュウジュウいってまた良し。

せっかくのスルメイカも肝で塩辛作ってみましたが、うまうま。エギ以外のいわゆるイカ釣りはまだ手を出してないけど興味出てきちゃったね。

« ついにマダイ | Main | ヤマト2199 コンサート 2015 »

釣り」カテゴリの記事