« スミヤキ | Main | MAD MAX: FURY ROAD 怒りのデス・ロード »

March 07, 2015

ヤマト2199 コンサート 2015

すでに先週のことですが、とりあえず所感。

早いもんで前回から2年余りが経ち、再び舞浜でヤマトコンサート。
だからなんで舞浜(個人的に遠い)なんだよ、とかいうアレな感じはあるけれども。
ともあれ今回は弦も入るってことで3/1に馳せ参じ。
というかほぼサントラ録音メンバーなんだとか。
前回とは反対の右側サイドだった小生席からよく見えたティンパニのお姉様?が実にノリノリで見てるこっちも楽しくなってしまいました。実際ティンパニの出番も多いですからねえ。
実際んところ誠に録音に忠実な演奏で、基本BGM尺ですから短い曲も多くて毎度拍手は大変だよなあとか思ってたら、それを回避すべくブロックごとにまとめてました。

つまり実は今回の趣旨は劇場版2作品を追体験という趣向だったようでどちらも未見の小生ですから新曲多い第二部はほぼ初耳だったり。概ね主要曲はカバーしてたけど、漏れた曲もあったのは映画で使われてないからなんでしょうかね。

音的にはやはり弦がある事で当たり前だがオケ感にあふれてましたよ。ただ現場のPAの関係か小生の位置からはスピーカーが近くてあんまり生聴いてる感じは希薄になっちまったのは残念。あとスキャット担当のYucca嬢は今回オリジナルとはだいぶ解釈変えてまして、それはそれで生歌っぽくて悪くなかったけど、最高音が苦しげだったのもちょっと残念。

二部までは指揮と演奏に専念していたアキラ氏でしたが、三部の生オケで歌っちゃおうぜコーナーでようやく喋り解禁。よく我慢できてたな(笑)。しかし本人も相当気合は入っていたようでこっちもおもわずもらい泣き。

最終的にはアンコールで主題歌をもう一度となったけれども、ここはやっぱり元祖ヤマトのテーマが欲しかったところ。これ絶対アンコールでやると思ってたのになァ。聴けると思っていただけに拍子抜けではありました。サントラで聴くと金管の音割れが何度聴いても腹立つんでね。

ところで物販ですが、コンサートパンフは小生珍しくも買おうかなーなんていう直前で売り切れ。そんなに遅い会場入りじゃなかったんですがね、これどうも会場に来てるのに買えんかった人相当数いると思われ、どんだけ部数少なかったんですか。変な話、会場が満杯だったわけでもないんですよ。
見込み悪すぎ。サントラファン舐めすぎ。

BGMに忠実なのも悪くないけどコンサートピースとしてはこの際2199組曲を新編してもいいんじゃないかな。まあこのプロジェクトが今後どうなるのかはわかりませんけど勝手に期待したい。


早速追記。
実はパンフにはまさにその野望をアキラ氏が語っとったようです。

だからーなんで来場者すら買えない部数なんだよー。


« スミヤキ | Main | MAD MAX: FURY ROAD 怒りのデス・ロード »

「音楽」カテゴリの記事