« 巨星逝く | Main | 渡辺宙明卒寿コンサVol.3 »

March 22, 2016

カマスを引っ掛ける


しばらく仕事やら天候やら何やらで一ヶ月以上も釣りに行けず、よーやく久しぶりに相模湾のカマス。
今やエサ釣りは非主流となったらしく、ほとんどの人が引っ掛け釣り。
念のために引っ掛け用の仕掛けも持参はしていたものの、基本エサ釣りのつもりだったので、中乗りさんに餌無いのか聞いてみたらば、「餌じゃ釣れないよ」とツレない返事とともにサバ餌もらったりなんかして。
しかしカマスが変わるわけでもなし、餌が有利の日もあるわけで実際過去に30尾以上を釣り上げたのは初カマスにして、餌釣りである。
だもんでしばらく餌で挑んで見ればほぼ魚信無し。
と言っても周りもそもそもそんなに釣れてないもんで、そのまま続行。

ただ後半は(餌で釣れなければ)引っ掛けも試してみるつもりではあったので、全く釣れない状態にさすがに仕掛けをスイッチ。
ちなみに引っ掛けというのは要するにフックのような針をカマスの群れ?の中を上下させる事で意図的にいわゆるスレを発生させて釣るという方式。そんなんで良いのか?と思うんだが、どうもカマスにはこれが効くらしいんですな。深場のカワハギなんつー話からするとどえらい変化です。
しばらくは釣り方が正解なのかどうなのかわからずサッパリだったんですが、餌ではサッパリだったのにこれで何匹か釣れ始めてしまったのであった。引っ掛けるイメージとは裏腹に意外と落とし込む時にも結構掛かることがあり、カマスの気持ちがわかりませんなァ、なんて。

結局なんとかツ抜けも達成し、何しろこれが釣りたかったというサイズの良さですから結果充分です。
やっぱり塩焼き最高。

« 巨星逝く | Main | 渡辺宙明卒寿コンサVol.3 »

釣り」カテゴリの記事