« November 2016 | Main | March 2017 »

December 2016

December 17, 2016

ROGUE ONE ローグ・ワン

昨年のエピソード7に続き、今度は外伝としての新作。そりゃまあ観ますけどってなもんで。
以下ネタバレ気にせずっ





















ど。

事前情報の通り外伝とはいえ、ep4の直前までを描くとの触れ込みだったのですが、まさにそのまんまでして、一見さんにはこれでおしまい?ってなもんですよね。
もっとも一見さんがどの程度いるのか知りませんけど。

それにしても新キャラクターばかりでデススターの設計図入手作戦だろ?
明らかに反乱軍の功績者達のお話なのにその後のエピソードで一切出てこないとなると、こりゃまさかの部隊全滅話かと思っていたら本当にそのまんまでびっくりしてしまいました。
主人公の最後とかよくこれでディズニーがOK出したな。カタルシス何も無し!涙無くしては見られませんみたいなのはSW的にはなんか違和感あるけど、どうなんでしょうね。
とにかく情け容赦無しなギャレス・エドワーズ。歴史に埋もれた英雄譚としてもうちょっとうまい落とし所もあったんじゃないかと思うんだがなァ。ほら今後ep4見るときにアガらなくなる弊害もあるしさ(笑)。

とはいえ後半の戦闘シーンは結構良くて技術の進歩とともにシリーズ最高のクオリティかもです。
ワープアウトがまんまヤマトでしたけど(昔なら危険な発言(爆))。
しかしいささかCG臭かった(知らなければ分からんだろうが)けどピーター・カッシングとかギャラ発生するんですかね?ラストのレイアはCGかと思ったら別の人が演じてるんだそうで。あれはあえて顔出さんでも成立するとは思うんだがな。実はその方が素直にep4に繋がるんじゃないかとか(笑)。
あと多分ヴェイダー卿はあえてのep4バージョンの衣装だよね。
そういえばどう考えてもそんじょそこらのジェダイ騎士より強そうなドニー・イェンですが、ヴェイダー卿とのタイマンがなかったのは残念でしたな。あの無双なドニーさんが結局は勝てないというあたりでヴェイダー卿にさらなる箔もついたでしょうに。

音楽は映画シリーズでは初めてJohn Williams以外の登板となって、若手筆頭格のMichael Giacchinoが担当。一応主要モチーフは隠し味程度に使用なのは外伝ですからね。
JWも高齢だし、今後も続けるなら後任は必要だ。それにしてもGiacchinoは過去作の引き継ぎっぽい仕事がすげー多い印象。まあ器用だから重宝なんだろうけど本人複雑かもね。

今後これも正史となると見る順番が難しいような。

« November 2016 | Main | March 2017 »