« March 2017 | Main

April 2017

April 17, 2017

Yes featuring ARW

今再びの YES南北朝時代というのは前にも書いた通り。
んでいわゆるYESが本家YESとするならば、こっちゃ元祖YESとでも言えば良いのか。
YES featuring Anderson, Rabin & Wakemanてなもんで、YESなの?そうでないの?みたいなね。
とは言えVoice of YesことJon Andersonがいる強みはあるのであった。本家が大黒柱のSquire亡き今、面子的にもARWの方が役者が揃ってしまっている感は強かったりなんかして。
まあ良いんだけど。

ところで事前情報の感じからして肝心のセットリストはほぼUNIONツアーの踏襲に近いと言うことで、ここは本家よりも新鮮味は無いなぁとは思っていたのだな。我ながらしつこいがTalk with Wakemanをやってくれれば狂喜乱舞ではあったけれども、蓋を開けてみりゃ結局無難なセットリスト。
Unionツアーはさんざん見聞きしている身にしてみれば26年!(マジか〜)ぶりとは言え、もう少し攻めたセットリストが欲しかったところ。
ただUnionツアーではなんだかんだTony Kayeの出番もあったのに比べるとKeyはWakeman単独と言うことでやっぱり外連味の強いピロピロ手癖キーボードでデコレーションされるのが目立った結果、Rabin + Wakemanという珍味はそこそこシミュレーションされたようには思う。やっぱり面白かった。

Andersonが思った以上に元気なのも良かったですよ。一部?キーは下げてたように思いますが。
それ以上にRabinのヴォーカルの衰えの方がちょいと驚きでしたがね。声と音程共に。

ただし会場は最後のアレ(Wakeman&Rabinの会場練り歩き)で大盛り上がりになりましたんで、そりゃ盛り上がるでしょって話でねえ。
なんだかんだ、満足はして帰って来たわけだけど。
あー、でも何故だかWakemanのソロコーナー無かったのはやっぱり残念。

どうにも再びの再合流も無くは無い…のかな?
全てはド天然のAnderson次第か。

そんな日にAllan Holdsworthの訃報も飛び込んで来たりなんかして。
そろそろ総じてそういう時期なんでしょうけどねえ。

« March 2017 | Main