« December 2017 | Main | October 2018 »

April 2018

April 14, 2018

角川映画 シネマ・コンサート

ここ何ヵ月は見たい(見たかった)ライブ目白押しなのだが、仕事(と金)の都合で取捨選択をせざるをえずとは言えこれだけは行きたい筆頭がこれ。
だいぶ昔に弦付きで大野雄二の棚卸コンサやらんものかと書いたものだが、ニアリーイコールなこの企画、なんとか色々振り切って行ってきましたよ。

曰く「犬神家の一族」「人間の証明」「野生の証明」という初期三作をオーケストラで演奏!という夢の実現でございます。
最近流行りつつあるシネマコンサートの類ではあるが、全編やったらえらいことになりますんで映像は勿論ダイジェスト。まあサントラ者としてはコンサートとしての映像はオマケとしか思っていないので十分。
とは言え実はこの三作とも観た事は無いのでありまして、この辺がサントラ者の歪んでいる所でもあります(笑)。
「犬神家」に一番尺とっていて、ダイジェストとはいえ概ね内容も理解したが他の2本はまとめて第二部なのでダイジェストのダイジェストみたいな。
「人間の証明」にいたっては展開が謎過ぎ(笑)、いやオマケだからいいんだけど。じつは高校大学の同窓生という石坂浩二をゲストに迎えてのトークショーも挟みつつの3時間越えは大野サウンドカタログショーとしては充分。ちなみにここでプロデビューがいつだったみたいな話でちらっと名前がでていたサトウというのはおそらく佐藤允彦の事と思われる(凄い学年だな)。

ただシネマコンサートの弱点も露呈しまして、私がとにかくこの一曲だけ聴ければ満足と言っても過言ではない最高にカッチョええ「人間の証明」のテーマインスト、所謂「我が心の故郷へ」が映画冒頭そのままなもんで痛恨の短縮バージョン。ストリングスで展開する部分無し!みたいな。
世間的にはヴォーカルバージョンのフルのほうが良いかどうか知りませんが、(ゲストヴォーカルも呼んじゃったし)小生的には40年越しの夢の実現が半端な事にとしか言いようがありません。
そのゲストヴォーカルだが、「人間の証明」はダイヤモンドユカイ、「戦士の休息」は松崎しげる。歌い方の解釈は完コピしろみたいな事はまあ言いませんが、ユカイ氏のthe old straw hatのtheを「ザ」と言っちゃう所はいただけません。

とまあ色々やればやったで不満もあるのは毎度の事だが、今は只々第二弾を希望する所。

角川括りだと「黄金の犬」とか漏れちゃうのがなー。これのテーマも大変シャープな出来で良いのだが。なんなら田辺信一の「女王蜂」とかも良いのだが...って話がずれてきてますが。
ちなみにこれまた本編は見たことが無いというサントラファンのアレな感じです。

April 09, 2018

SHOW TIME

大谷翔平の所謂二刀流についてだいたいの評論家筋がやめたほうが良いとは言うんですが、実際んトコすごいのはその評論家筋にして打者一本というのと投手一本と言う所では意見が割れてしまう所では無いかと。
つまりその才能はどちらにしても間違いないという点は一致しちゃってんですな。
んでもってなんだかんだで日本球界では実績残してきたわけじゃないですか。ここはやっぱり日本ハムと栗山監督は偉かったと思います。

で、今のところ恐いくらいに結果を残してるんですが、プロで一勝するのもホームラン打つのもある程度は特別な才能の持主なわけですよ。メジャーもまたしかり。そこで運の要素は勿論あるんでしょうが、3回続くとさすがにまぐれとは言えないような。
今後はそりゃあ山あり谷ありかもしれませんけどね。むしろそのぐらいないと観てる方が逆に安心出来ないんじゃあないですか?もしかして。

10勝10本じゃパッとしないなんて説もありますけどね。私ァ10勝10本でもしたら立派なもんだと思いますけどね。12勝15本ぐらいは行けそうだけど。
投手で10勝はまあソコソコです。野手で10本もまあソコソコだよな。とても一流の数字ではないですよ、本来は。

でもこれって投手と野手(厳密にはDHは野手なのか?てな気もしないでもないが)は分業されているっていう前提のモノサシだよね?
100年前ならいざいらず、この数十年当然のように投手と野手は別枠で評価されて来たわけだ。兼業選手の存在は実質的に想定していなかったのが実際の所ですから、本当は兼業選手については従来にない評価軸が必要なんじゃないのー?ってのが要旨。
というか先駆者の評価というものは歴史上後年にならないと出来ないのかも。
規定数は単年の評価には使えるけど、累積していったときに200勝と200本を達成したら?(なんなら100勝と100本でも良いや)これができる選手が他にいるのかって話になると成功とか失敗という基準自体が今は無いと言えないかと。

なにはともあれワクワクさせてくれる選手な事は間違いないし、実は数字よりもそれが一番大事な事じゃないですか。

イチローにもまだまだ活躍して欲しいけど、そのキャリア晩年(だよね)に、匹敵するかそれを越えるかもしれない天才が出現するとは面白いものですなあ。

« December 2017 | Main | October 2018 »