« April 2018 | Main

October 2018

October 27, 2018

Claudio SImonetti’s GOBLIN & Dawn of the Dead

昨年に引き続き(ということは3年連続で)秋の川崎にClaudio SImonetti’s GOBLINがまたも来日。ハロウィーンにかこつけてか、クラブチッタ秋のホラー祭りとでも言いますか。
目玉はなんつっても映画本編を上映しながらのシンクロ生演奏ってことでして初回がサスペリア(参戦できず)、2度目となる昨年がサスペリアPart2、そして今年はゾンビであります。
Dario ArgentoとGeorge A. Romeroが絡んでバージョンがいろいろある本作ですが、今回は本邦初上映となるイタリア語吹き替え版だそうな。
この企画となると例によってGoblinファンのみならず、どこからともなく(笑)映画ファンも湧いて出てくるので会場は満員御礼の大盛況。

ゾンビはその昔にWOWOWだったかで1度見た記憶はあるのだが、なんだか意外とのんびりした(牧歌的と言ってもいい)映画だなぁという印象だった。いわゆるGoblinサウンドは全く記憶にないので、本家Romero版だったのではなかろうか。
だもんでArgento監修による音楽Goblinのバージョンは多分初見。冒頭から重厚なメインテーマが流れ、程なく変拍子も強烈なゾンビのテーマが景気良く披露。昨年同様の爆音公演でセリフが聞き取れないほどですが、字幕あるし目当てはむしろサウンドなのでこれでいいのだ。
映画本編は音楽は別でも印象はあんまり変わりませんで、ゾンビがゆっくりした動きだしやっぱりどこかのんびりした作風。妊娠しているはずのヒロインが喫煙者だし酒も飲むなんてのは時代の違いを感じますねえ。あれだけ荒廃した世界でなぜショッピングセンターの通電が正常なのかは突っ込みどころではありますが、そこは作劇優先てことで。

ところで17:00ライブ開始、20:30ごろ終了とのアナウンスだったので、若干遅れて始まった映画本編だけで2時間あるわけで、30分休憩後のヒット?ライブショウは1時間ぐらいのはず…だったのだが。予定がそもそも間違っていたのかなんだか実際は結局フルセットライブで終了は21:30も過ぎていたのは嬉しい誤算。
そもそも第二部の売りはオリジナルアルバムRollerの全曲披露だったので、これだけで40分はかかる。他の曲の披露はいかにも時間が無い、のだが皆大好きサスペリアPart2のメドレーを延々やり出したあたりで、まだアンコール前なんですけど…てな具合。

前回トリオ編成だったバンドには今回は専任ベーシストが参加しまして(演奏そのものは映像同期の制約か4人編成となってもあんまりバンドの自由度が高まった感じは受けなかったのはあるんですが)見た目にはそのCecilia Nappo嬢(もしくは女史)がステージの真ん中でバンドの華として大活躍。

映画シンクロとしては、今回までの3本で大物カルト作は出尽くしたし、今回で打ち止めかもしれないがバンドとしては「マークの幻想の旅」全曲披露とかはありじゃないでしょうか。

« April 2018 | Main