« ゴジラ キング・オブ・モンスターズ | Main | ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド »

August 17, 2019

機動戦士ガンダム シネマコンサート

本当にサントラファンには良い世の中になったもので、単なる劇伴を東京フィルがコンサートプログラムとしてオペラシティでやったりするわけです。これはまあ毎度思うのはプロヂュース世代が我々世代になったのが何気に大きいと思っているのだが、要するに、「自分が聴きたい=ニーズがある」というのを建前に金を引っ張ってこられるって事なんですな。

で、ガンダムだ。編曲・指揮は服部隆之で劇場版第1作のシネマコンサートがあるというので、08/16夜に急遽参戦。

以前渡辺岳夫作品集のコンサートがあり、その時にガンダム関係も演奏しているはずだが、それは行かなかったので、今回ガンダムだけとはいえオケのグレードも上がって勝手に補完気分であります。もっともガンダムは作編曲のコンビとしては長い松山祐士との共作で、実は主要楽曲がおそらくは松山作だったりしているので純粋にナベタケ節とは言い難い?のが難しいところ。まあ作曲界の藤子不二雄と思えばってか。

08/17は昼夜の2回公演だそうだが違いは終演後のトークショー。

816日(金)富野由悠季

817日(土) 福田己津央(ごめんね知りません)

817日(土) 水島精二(ごめんねわかりません)

こうなると金曜一択になってしまうのは1st世代だから。

どうせなら御ン大の身も蓋もないであろうトークを聞いてみるかと。

コンサートとしては第1作が一番良い選択なのは、第1作だからという以上にいわゆるガンダムを代表する楽曲が流れるのは第1作だけだからなのよね。TVシリーズ総ざらえ的に。

PARTⅡ&Ⅲは劇場用新曲主体となっていったのは映画音楽的にはOKだが、反面それだけ取り出しても相対的には馴染みの薄い楽曲群になってしまうのだ。

交響詩という前例はあるものの、実際の演奏はおそらくTV/劇場版のオリジナルをはるかに超えた大編成(特に弦の数)のはずで大迫力&音量ゆえ、時に劇中台詞は聞き取れなくなりますがサントラ者としては全然OK

そしてエンディングの砂の十字架はどうするのかと思っていたら、おそらくはマルチからボーカル引っ張って、バックをフルオケという趣向でした。しかもオリジナルはフェードアウトするところを生演奏ゆえに服部隆之らしいエンディング付き。これは良かった。

しかしそれなりに長い映画本編に加えてトークショーありって19:00開演はともかく終演何時だよみたいに思っていたら、本編も途中休憩入るわで結局22:00ぐらいか。

その本編終了後のトークショーはサプライズで森口博子も御大と手ェつないで登場。助平爺ィめ!。50代とはいえ御大から見りゃ小娘同然ですから。

40年前のつぎはぎ映画なんて見てられない」と自虐は旺盛でしたが、観客へは感謝に徹して悪態なかったのは若干残念(笑)。しかし見事に観客層に若者が少ないのであった。トークショーで興味深かったのは編曲担当の服部隆之曰く、楽曲中で聞かれる特徴的なシンセはかの松武秀樹の手によるものだとか。色んな仕事あったんですなー。そういう話もっとくれ。

 

« ゴジラ キング・オブ・モンスターズ | Main | ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事