« September 2019 | Main | February 2020 »

December 2019

December 22, 2019

The Rise of Skywalker スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け

新三部作の完結篇。
どうせこんな文章誰も見てないから、



















毀誉褒貶の激しかったEp.8を受けて、すったもんだのあげくEp.7のJJが監督再登板。
その時点である程度予想はできたが、前作をほぼ無かったことにすると言う任務込みで(笑)手堅くまとめてきました。

一言で言うと「こう言うので良いんだよ」と言う感じ。予定調和ではあるものの、ジャンプ的エンタメ路線でストレス無く楽しめたので全くOK。やはりJJは接待上手よの。

おそらくこれは評論家受けは悪いのでしょうが、制作側がこちらに舵をきらざるを得なくなったほどに、前作が毀誉褒貶とはいいながらも観客筋には不評だったと言う判断だった訳で。
逆に前作は評論家筋には割と受けてるようでありますが、そもそもスター・ウォーズなんてそんな評論家筋が捲し立てるようなご立派な映画じゃないところから始まってるんだからさ。その原点を思えばあーたねえ。
いわゆる第1作(Ep.4な)の凄さというのは、詰まるところそのデザインワークの斬新さに尽きるのである。
Ralph McQuarrieのコンセプトデザインは言うに及ばず、それを具現化した特撮。Ben Burttのサウンドデザインもまた然り。
それがなければ歴史作ってないですから。演出だってウマかねえし極論脚本なんか論外じゃないすか(笑)。だからEp.9のストーリーに斬新さが無いと言う批判は的外れに思えるのよね。
いや実際その通りではあるのだけど、んじゃひたすらイライラがつのるだけのEp.8はどうなんよっつー話で。
小生の前作評価は書いたとおりでほぼ変わりません。その後の情報でどうもライアン・ジョンソンに結構任されていたらしいので、全てが彼の責任と言っても過言ではないみたいですが(笑)。強いて言えば目指した方向性は理解できなくもないんですよ、評論家風に言うと。
でも方向性云々以前に脚本がダメダメと言う致命的弱点は擁護できません。楽しくないし、つまらない。やたら長尺なくせに無駄なシーケンスばかりで、カタルシスのある展開もなく。
そこはかとなく匂うアート志向見たいのもノれないの。
まあストーリーがほぼ進まないも同然だったので、今作で無かった事にできたと言う利点はあった訳だが(笑)。
極端に言えばこれEp.7の後Ep.8カットしてEp.9見てもそんなに困らない気がするもんな。
# 最近の007シリーズと同じでエンタメに辛気臭いアート志向持ち込むのは勘弁して欲しいと思う訳で。やるには相当な手腕が必要なんだから。

今作においてもクライマックスにおけるレジスタンスに作戦らしい作戦はないし、ほぼ玉砕に近いと言う意味では前作と大差は実はなかったりする。が、前作はほぼ内輪揉めからのガチ玉砕、今作は希望を信じようぜと言うスタンスの違いからの援軍出現なんて、ページめくるまでも無い王道の展開だけどやはりカタルシスはあるものね。

とは言えクライマックスの宇宙戦(これについてはローグワンが圧倒的)がもう一つ工夫が無いとか最後の最後はうまくまとめたつもりがちょっともやっとするとか、色々あるけど全体としてはとにかくEp.8を無かった事にするプロセスがいちばん面白かったりして。

 

 

 

 

 

 

« September 2019 | Main | February 2020 »