« March 2020 | Main | May 2020 »

April 2020

April 30, 2020

自粛警察

個人的にはパチンコはやらないのでいっその事なくなっても一向に構わない。
が、とは言え複数の自治体による店名公表という私刑にも似たやり口はいかがなものかと思っている。
店名公表するとおそらくは暇を持て余した自警団が歪んだ正義感と憂さ晴らし半分で、嫌がらせに等しい電話攻撃ぐらいはするであろうということを自治体側も半ば期待しているのが見えるからだ。
これは村八分か隣組の論理でロクなものではない。
不要不急で言えばまあ不要不急でしょうが、店だって補償もないのに自粛しろ言われても開ければ客が来るわけで。一方で従業員もたまったものではないだろうが。
結局閉めさせるなら広く休業補償をするしか他に手はないんだろう。

暇人の攻撃はサザエさんにも及んでいるそうで、世間がこんな状況なのに不謹慎だとか。
まあいわゆるネタにマジレス案件なんじゃないかなと。
サザエさんなんてもはやファンタジーですよ。ファンタジーにイチャモンつけるのはいささか頭が悪すぎ。ただまあ実は根っこの部分の精神性はパチンコの件と似たり寄ったりな気はします。

April 29, 2020

黄金週間

緊急事態宣言は5/6で解除出来る気がしません。その根拠がないことが予想できる。

高校の入学式も中止で通学可能になるのもいつのことやら。届いた制服も置いたまま。
解除されたらされたで通勤通学ラッシュなんて心配の種でしかないしなあ。

嫌な想像はしたくないがそれをするのが国のトップの義務でもある。
変な話まだ春先でよかったわけで、この先集中豪雨やら台風やらはやってくる。パンデミックに災害が重なったら悲惨そのもの。地震だって起きるかもしれんし、富士山は噴火するかもしれん。
日本はそもそも災害大国なのに、あまりにも足腰が弱い事が露呈した。
総理は悪夢の民主党政権というフレーズが好きなようだが、今リアルタイムで進行中なのは何政権なんですかい。誰が何をアンダーコントロールしてるんですかね。
これだけの長期政権にもかかわらずやるべき備えをなーんもできてないじゃん。

正直自分でも文句が多すぎと思うんだけど、でもこういうことをやれる立場を預かっているのは極めて少数なわけで、それを正しく行使しないのは大なり小なりやっぱり文句を言われても仕方ないんじゃないかしらん。

繰り返しになるが頑張っている人を馬鹿にするな論については、まあ一般論としてはそうですよ。隣にいたら、尚更だわな人情としては。でも世の実際は概して頑張ったかどうかじゃなくて結果が全てだからねえ。

しかも総理大臣だよ?相手は。
頑張るのは当たり前。頑張ってりゃ良い(間違った方向でも)っても、下手すりゃそれで国が壊れるんだよ?
擁護しているその当人が被害を被る事もあるわけでさ。
頑張りを評価してくれとか言われても、そうだよね…って納得できるんでしょうか。一蓮托生で沈む船で運命を共にする覚悟があるなら何も言えませんが。

April 28, 2020

これは相当にキナ臭い

首相肝いりのマスク関連予算が300億越えだったはずが、蓋を開けたら90億円で済んだみたいな話になり、なんじゃそりゃ。
ところがよくよく話を聞いてみれば、調達先が当初4社(その後5社になったみたい)との内なぜか3社しか明らかにされず、どう考えてもおかしな話。浮いた200億以上の金はどこ行った。
機密費ならある程度仕方ないかもしれないが普通に使途不明でもない税金投入にあたって業者名が非公開などあり得ません。

んでようやく出てきた謎の企業「株式会社ユースビオ」。ネットの記事を鵜呑みにするならばどうやらペーパーカンパニー?…って、おい!この後に及んで今この案件でこんなあからさまにやらかすか?ほんとにやらかしてるならあまりに間抜けすぎて逆に嘘っぽいぐらいだが。
そこそこ規模の企業でもBtoB取引するのに信用調査するのに、政府系取引xx億超えの金動かすのに、今時こんな情報不明の企業に発注できるものなのでしょうか?

April 27, 2020

当てにならない計算をしてみる

いつの間にやら患者数も累計で余裕の10000越え。実際の感染者数は知るよしもないが、死亡者数に限って言えば死後に明らかになるケースもあるとは言え基本的には概ね発表数と実数に乖離はないと思われる。

https://www.nippon.com/ja/japan-data/h00673/
(04/26時点)を見ると発信源とされる中国の5000人弱が少なく見える米国の50000越え(内NYだけで16000以上)を始め万単位は全て西欧諸国。人口比を考えても多く見えるが、いささか乱暴なのを承知の上で各国の死者数を人口比で計算してみると、現時点では実は中国と日本がほぼ同率で(日本は今後増えるだろうが)最下位の0.0003%。
ロシアの数字がどこまで信頼できるかは置くとして、ブラジルで一気に跳ね上がって0.0019。堪えている感じのドイツで0.007、米国でまた跳ね上がって0.016あとはどんどん上がってスペインがイタリア超えの0.049。

ドイツは比較的対策がなされているのが数値にもみて取れるが、あまりに数字に違いがあるので実は欧米のウィルスは別種だと仮定すると非常に厄介な可能性が出てくるが…

 

April 26, 2020

まだGo Toは生きていた

例のGo Toキャンペーンというのが実際に予算化されているようで、どこからどうみても正気の沙汰とは思えないお花畑ぶりと言わざるをえない。
自粛しろ外に出るなと言っている最中に真逆の予算計上。
喫緊の課題である直接の医療対策費と比べてもはるかに巨額というあたりがまた怖い。何をどうしたらこうなるのか理解できる人は官僚以外にいるのだろうか。
こういう連中が国の舵取りしているという時点でもう残念ながら終わってる感が尋常でないんですが。そもそもこれ緊急経済対策として出されている事にもかなり違和感。緊急感染症対策費だろ必要なのは。

厚生省そのものにも問題はあろうが、それでも経産省と厚労省間の力関係みたいなのも見え隠れって事なんすかね。

もっとも経済再生担当がコロナ対策担当兼任とかいう時点でどうなのよとも言えなくもないが、事ここに至っては本来は総理が陣頭指揮を取るレベルではないか?なのだが、まあそれはそれでその能力も疑わしいのが残念。だからこういう予算がまかり通る訳で。全方向的に詰んでる。

ところで総理が例のマスクの件で記者会見時に逆ギレ回答した話ですが、その後のファクトチェックで結局単なる言いがかりにすぎず、価格は品物に見合う適正価格だったことが明らかになっている上、製作した地場産業者に風評被害与える結果になってますので総理に対して訴えても良いと思います。

それ以上に恐ろしいのがこんなくだらない情報をどこから得たのか知らないが、一国の総理が記者会見で堂々とドヤ顔で披露するという結果になっている事である。我が国の情報収集及び分析能力に著しい欠陥があるのではないかとこれまた暗澹たる気持ちになるというね。

 

 

April 25, 2020

自粛

未知のウィルスに怯えて暮らす人類…なんてSFではなく現実の世の中がそうなってしまった今である。
著名人の罹患もそれなりに増えて中には悲報もある。
ほぼ無症状のようなケースもあれば入院したと思ったらあっという間に亡くなってしまうなど、個人差がどうにも激しくて展開が全く読めないところがまず怖い。

素人には何が正解なのかさっぱりわからないが、正直なところ既に三密を避ければ罹患しない訳でもなく、関東近郊の市街地じゃいつどこで発症しても不思議ではないところまで来ているような気もする。
あくまで自粛だし、三密でもないしみたいな理由でレジャーに勤しむ人を責めるのもまあ難しいかなと。ただまあ人と接触しなければ確率は自ずと下がるのは確かなので小生自身は好き好んでわざわざ出たいとは思わないが。外出しなくても割と平気。

とりあえずGW明けというけど、東京なんてとても無理でしょ…と薄々皆思っているでしょう?要するに繰り返しになってしまうけど、現状がどうなっているのか、よくなっているのか悪くなっているのかさっぱり説明がないからなんよ。
データがないのよ。どのぐらい蔓延しているのかしていないのか。潜在感染者が一体どれだけいるのか。厳しくとも現実を把握せねば作戦の立てようがないはずなのだが。

例えばの話サンプリングした結果首都圏で推定100万人ぐらい既に感染してます。なんて数字がでたらどうすんのって話ですがな。
当然入院なんかできません。隔離も無理だろう。と言うかほとんどの人影響ないんじゃね?みたいな事にもなるかもだ。
どんなシナリオを用意するにせよ、まずデータなのよ。データがないまま、なんやかんや言うても不毛なんよ。

 

April 21, 2020

無能な指揮下の不幸

常識的に言えば非常時には消極的であれ、現役政権の支持率は上がるものですが、現在の我が国は例外らしいです。それにしてもまだだいぶ高いとは思うけどな。
一部にはもちろん、こんな時に揉めてる場合か、皆で協力する時だと言う声もある。
それはある意味正論で、こっちもそのつもりで戦時だからと多少は甘やかしてやろうかと心構えしているのにもかかわらずその斜め上を行くバカだから、嫌味の一つも言いたくなるよ庶民としては。

直近で言えばですな、総理が朝日新聞嫌いなのは誰が見ても明らかだが、(そもそもそう言うのが見えると言うのもケツの穴が小さすぎて…)いわゆるアベノマスクに関して批判もあるようだがみたいなこと言われて、それに対しておたくのサイトでも高額マスクが売られてるみたいだけど?的な事を言っちゃうとかさ。
ガキの喧嘩じゃないんだから。まず質問の回答になってない時点でアウトだし、仮にも一国の総理が、公式も公式ど真ん中の首相会見での質疑応答でいうセリフか?
これ本人してやったりなつもりなのかね?
精神構造の(あえて言えば幼さ)に絶望的な気持ちになりますよ、こいつの下でだけは戦えねーって。

トップの言う事に逆らうなは、軍をはじめとする組織などでは統率を守るためには必要悪でもある。
が、しかしこの国は先の大戦で多くの兵隊を無駄死にさせたと言う歴史がある上に、いまだに神風を是としてリスクコントロールができない悪しき伝統を政府筋をはじめとする多くの組織が持っているのも実体験からも言えてしまったりする訳で。
戦いに挑むには有能な(ちょっと譲ってせめて無能でない)指揮官のもとで戦いたいと言う事がそんなに責めれられることかっちゅー話ですよ。

ピンチはチャンスとかさ。
いや、ピンチはピンチよ大抵の場合。戯言ですからほんとに。無能な奴ほどそう言う事言いますから、気をつけないと、ね。
いや、お前が一人で思ってる分にはまだしも、周りを巻き込むなと。
…話が若干飛びましたが、まあそういうね。

 

April 20, 2020

8割減らす

新型ウィルスが見事にパンデミックを起こし、人類史上でもまれな事態に。
もはや世界史はコロナ以前以後で語られてしまうかもしれないレベル。
いつ収束するのか全くわからないけれど、収束後も外出にマスク、建物の入り口に消毒液ははデフォな世の中になってしまう勢い。

不要不急の外出という線引きは個々人の事情によるから一概に全てを否定もできないが、一部の商店街などで人通りが絶えないなんつー話を見聞きするとまあこれはこれで困ったもんだと思うわけでして。

ところで他者との接触を8割に減らして欲しいという件だが、具体的に8割減というのは何をイメージしたら良いのだろうか。日頃10人と会っている人は2人にすれば良いのか?100人と会ってる人は20人となら会ってもOKなのか?
会う人数を減らすというのはもう一つわかりにくい。週5日の仕事を週4日にすればまあ土日の家族との接触はやむを得ないとして引きこもっていれば計算上は8割減。こんな感じで良いんですかね。8割減を達成したと言えるエビデンスは何を持って示せばいいのでしょうか。
直感的には接触を減らすことで感染リスクが減るのはイメージできるが、能動的に減らせる人ばかりでなし。これ何を主体とするかによって全くやる事がズレてしまうよな。

しかも平均的に下げることは不可能なので、8割減が不可能な部分を他が例えば10割減にする事で補えるんでしょうか。具体性に欠けるので悩んでしまいます。

 

April 19, 2020

消費税0%と2億円の話

負担を減らすために割と持ち出される話題ですが、個人的にはあまり賛同しません。
全国で果たしてどれだけのシステム改修が発生するか想像もできないからで、この状況下ではあまり得策な気がしない。システムエンジニアが死屍累々になる上に、おそらくそんなにすぐ対応できないので即効性もないでしょう。
ある程度時間をかけて行うしかないので、直接税や光熱費の類を免除なり、延期なりする方が多分早いと思います。もちろん給付金も。

ところで厚労省がようやく抗体検査によるサンプリング調査を行うようだ。
予算成立を待ってとかなってますが、新聞によるとその予算は2億円。いいですか?2おくえんですよ。あえて言いますがたったのに・お・く・え・ん。
すでに配布が始まっているマスクは予算なんぼでしたかね。たかが2億ぐらいすぐやれって話なんですが…

April 18, 2020

蜘蛛の糸のような

また麻生(その裏の財務省)か。

もういい加減書くのやめようかなーみたいに思っていても、あっちが次から次へと燃料投下を止めないもんで。
一律給付を打ち出して、額はセコいが一歩前進で一息つけるかとおもいきや、やっぱり思った通りの展開。
申請かー。本当になんだかんだ理屈をつけて給付したくないという。総理が折れりゃ財務相が次の壁。蜘蛛の糸のような希望を打ち砕く鬼か悪魔か。だんだん無理ゲーの様相を呈してきてる。まさに最恐コンビ。
いまだにこれは感染症対策だというベーシックな部分での理解が出来ていないと思われ。

しかし郵便かオンラインとか言ってますが、郵便はともかくオンラインの仕組みはあるのかね。プッシュ式の方が早くないのかね。

いろんな意味で高い確率でこのまま済むとは思えないが。

April 17, 2020

方針転換

二転三転?してか給付対象と給付額が変わるとかなんとか。
まあこの間の時間を丸々無駄にしたわけだが、なんだかんだ世間が不評の声を上げるのは大事だったという話。率直に言えばここまで経済シュリンクさせて10万てのもケチ臭い感は否めないが、とにかく一度はやると。やる?やるよな?どうかな?
それでもマスク2枚は配られてしまうらしいけど。届いたら天下の愚作の証拠物として取っておこうかな、と思ったり。
首相は布マスク推しだっつーけど、毎日洗って使いまわしてるんですかね。

それにしてもまあリーダーシップが取れないわ、見通しは甘いは、やることなす事どうかしてるってんでなんとも使えねェ男だっつーのもいい加減分かったと思うが、大して支持率下がってないのも不思議な話でございます。

専門家である必要は全く無いが義務教育レベル、すなわち常識レベルの科学的知見ぐらいは持ち合わせて欲しいもんです。物理学博士でもある独メルケル首相と比較したらインテリジェンスのレベルが違いすぎるとしてもだ。

ところで経済同友会とかゆーところが電子マネーでの給付が望ましいとかのたまってるらしいですが、ここでも貯蓄か消費かみたいなこと言ってて、この国のちょっと偉そうな連中はどうして揃いも揃ってあらゆるところで絶望的なまでにバカばかりなのか。絶望の天丼。そういう観測気球を上げるんじゃない。すっこんでろバカ。

April 16, 2020

パンデミックな映画

「復活の日」やら「感染列島」やらがAmazon Prime Videoのトップ部分に表示されててなんだかな。
COVID-19が実は人工的なものではないかみたいなヨタ話?もあったりしてねえ。
真贋はさておきこの現実を前にすると、どうも生物兵器というものは実際にはかなり使い難いものではないかと思えるのでやめたほうが良さげ。
そもそもウィルスに敵味方を区別することは出来ないので、無差別にやられてしまいそう。それを避けるためには事前にワクチンを開発して自陣営にもれなく投与しておかねばならない。
それが完成する前に万が一漏れてしまったら、ただのパンデミック。
しかも一旦放たれたら、突然変異してワクチンが効かない新種が生まれる可能性もある。どう考えてもロクなもんじゃない。

ところでこの手のジャンルで好きなのはMichel Crichtonのデビュー作でもある「アンドロメダ病原体」(映画の邦題では「アンドロメダ…」)ですかね。
作品の出来もさる事ながら、創作なのにあまりにも本当らしいことで信じている人も多い気がする”オッドマン仮説”は作品以上に知られているような気がします。
これ実際に有効な気もするもんな。Gil Melleによる前衛的なスコアも効果的。

あとはやっぱり「カサンドラ・クロス」か。いかにも70年代映画な身も蓋もないラストにTV初見時に唖然としたもんです。こちらはJerry Goldsmithによるスコアだが、巨匠充実の70年代を飾る一本。

 

April 14, 2020

歳費

国会議員が歳費を2割削ることに合意したとかなんとか。
正直どうでもいいです。

個人的には国会議員の給与を返せとかいう論には与しないのですよ。単なるスタンドプレーにしか見えないし。
これ決めるためにまた法改正が必要なんですよ。その手間と時間がバカバカしいじゃないですか。どこまで対象か知らんが衆参合わせて高々800人弱。月額約130万だから年間1600万として800人で128億。それの2割で25億ぐらい浮かせてどうする。そりゃあ我々下々の民からしたら巨額ではあるけれど、マスク2枚配るのに500億だぜ。そんなチマチマしたことやってる場合かと。
満額もらっていいから、もっとデカい仕事しろと言いたい。

なんかそーゆーことじゃあないんだよなァ。
徳政令ぐらいの事が必要じゃねーの?

もう北朝鮮と大差ない我が国の将軍様が自ら降りることはありえんし、仮に降りても次が副総理じゃ大差なしもいいところなので、今そんなことやってる場合かという批判は出るだろうが良識と少しの良心がある与党議員には党を割ってもらうしかない。実際に割らんでもいいが造反してくれ。もはやそこしか道はない。
あとは都道府県の首長が団結して国と喧嘩しろ。国がやらないなら無理筋ではあるかもしれないが地方債をドンと発行してツケを国に回せ。個人的には好かんが、都知事は割と喧嘩上手だ。

April 13, 2020

コラボ

総理が星野源の動画にコラボしてみたりとか、あえてここに乗っかる必要があるのかと言う話であります。
イメージ戦略として誰か振付師がいるはずなんですが、どうしてこうも次々と神経逆撫でするような発表ばかり続くのでしょうか。昨年ちょっと話題になった「上級国民」てな感じですか。勿論プライベートでどうしようが自由ですが、これでOKと思うのはメディアコントロールとしてかなり呑気。ただなんと言うか支持率気にしているとか言われている割には実はポピュリストではない(人気取り政策はほとんどしない)のでどうでもいいのかね。まことに厄介です。

実は獅子身中の虫として誰か政権打倒を工作しているのでは?みたいな夢想すら生みますわ。部下すら裏切り孤独な戦いに身を投じたWILD 7の草波さんみたいな…って例えが古い。

ところで悪にはやってはいけないことをやる悪とやらねばならない事をしない悪というのがありまして、前者はまあ言うなれば犯罪と思えばわかりやすいが後者は今の状況が該当すると思えばよかろうか。もうリアルタイムの悪しき事例として後世に記憶されるのであろうことかな。

まあ例によって記録はされないか改竄されるもしれないがね。

April 12, 2020

今ここにある危機2

もう一つの医療的対策についてだが、こちらもあちこちから疑念を生んでる状況。
流石に死者数を隠匿することは(やってる可能性もあるかもしれないが)してはいまいと言う前提では、まだギリギリ食い止められているのかもしれない。
どちらにせよ、現状の正しい感染状況を知らねば効果的な対策は打てないわけです。
とにかくあいも変わらず検査数が少なすぎると思うのだが様々な屁理屈によって全くサンプリングされていない模様。

屁理屈(としか思えない)の一つに検査したら陽性者が病院に押し寄せて医療崩壊が起きるし、逆に偽陰性が結局市中に溢れるぞ…みたいな話がもっともらしく言われているのだが、これが理解できないんですよ。誰か解説してくれないか。

まず前提として、どうも陽性者は一定数すでに市中にいると言う点においては否定はしていないみたいだよな?
検査するなってのは、陽性者の実態は不明なまま市中に放置しますってことだろ?
放置ですよ?対策は何もしませんて言ってるのと同じだよなこれ。

陽性者がたくさんいることがわかったら、皆入院させにゃならんから病院がパンクすると言うことらしいのだが、そこは運用を見直せば良い話だし、見直すしかなくなるよな。
自宅待機の是非は一旦置くが、すでに高熱が続いても自宅待機しろみたいな酷いこと言ってんだから、陽性者でも自覚症状が軽微なら自宅待機にするとか、運用を臨機応変にすれば済むでしょうよ。で、重傷者は受け入れると。
未検査状態の陽性者は現実問題として存在するのだからリソースをどう配分するかと言うのは場当たり的な対応ではなく、感染状況がわからなければ出来ない相談。

どこからどう考えても検査数を増やすこと自体に悪いことは何もないんです。検査現場の負担はともかく、戦略的にはです。
ちなみに検査結果には偽陽性も偽陰性も排除できませんがこれはまあ別の話。

今の態度は沢山いることがわかったら怖いから、見ない事にします…ってこれ行政として正気か?

April 11, 2020

今ここにある危機

何度も同じ事書くのも飽きてきたが、日記がわりの備忘録なので仕方ないのだ。

東京都をはじめとして感染者が増加しているのは事実。感染症が蔓延しているのは各国もそうなのでまあ仕方ない面もある。だから問題は蔓延を前提として、いかなる対策をとるかなのだが、対策には主に医療的対策と経済的対策の2つあるわけだ。
でこのどちらもがまったく持って心許ない現実的危機を生み出しているのは有り体にいって政権なわけだ。
もはやウィルス以上に国民殺しに来てるとしか思えず、諸外国と違って我が国ではウィルスと国政という2つの危機に国民が自助努力によって立ち向かわねばならないという何が何だかな状況にあるのよね。

このままでははっきり言ってウィルスによって死ぬより、政策で殺される人数の方が多くなるんじゃないかと危惧している。

日々突っ込みどころしかないのでホトホトつかれるが、財務相の「東京以外に協力金出せるかね?」みたいな発言もよりにもよって財務相が言うかっつー話で。
お・ま・え・ら・が・や・ら・ね・ー・か・ら・だ・よ。
いや勿論この方の言語能力に色々問題があるのは存じ上げておりますけれどもね。そこも含めてバカだなあと。

仕組み的に無理なんだけどなんとか総理をリコールできないもんかと。
何かもう致命的に終わってる感がありましてね。今支持している人の頭が全く理解できません。他にいないから?むしろ他なら誰でも良いよレベルなんですけど。

大林宣彦

もはや毎度の枕話だが昔は熱心な観客だったが、最近は新作を追いかける事もなく(というかそもそも映画を見る本数が激減しているので)なってはいた。癌宣告報道もあったし、いつのタイミングでも不思議ではなかったとは言え新作もコンスタントに発表していたもんで、やはりニュースで見たら思わず声が出てしまいました。

あまりにも独特なセンスはしばしば観客置いてきぼり。典型例は「ねらわれた学園」なのは概ね皆同意なのではなかろうか。今見ると出演者とかいろいろある意味味わい深いような気はしますが。でもこんな映像他に誰が作れる?という意味で映像作家としては当時から天才と思ってます。

わりと抑え目の作品でも何かしらノイズ(映像だけとは限らない。いきなり主題歌歌ってみたりとかな)が入るのはだんだん楽しみになってくるのよ。他にもやらかし事例では原作が傑作中の傑作な「漂流教室」なんかも半ば嫌〜な予感しつつ見にいってみたらやっぱり「大林映画」でしかなくて「仕方ねえなァ(苦笑)」みたいな。

いわゆる尾道三部作では、圧倒的に「転校生」派でして、試写会で初見後も公開時少女隊のプロモのような予告編に何度も付き合ったもんです。当時の観客にしかわからない話ですが。

なぜか「時をかける少女」も試写会が初見でそりゃまあ原田知世にはある意味圧倒された(松任谷正隆のスコア(「ある日どこかで」インスパイア)も良し)けど、その主役の魅力にごまかされているがこれは完全に「鬱映画」なのであんまり見返す気にはなれなかったりして。

「廃市」上映の際に紀伊國屋ホールでしたかねえ、監督お越しでサインいただいたのは思い出ですね。

 

 

April 09, 2020

考えを改めました

詐欺的な、いや詐欺そのものの発表の後に行われた首相会見だが、原稿見ないですごーいみたいなコメント見てどんだけリテラシー低いんかと。
プロンプター読んでるだけよ。自分の言葉なんか持ってるわけないだろ。
いちいち揚げ足を取りたくはない(これは本当にそう思っている)、しかしなお突っ込みどころが満載なのはこっちのせいじゃないからな。

どうしても突っ込まないではいられないのは、公務員の所得に触れたトコロ。一応忖度して解釈するならば、一律支給をしないのは収入に変わりのない国家公務員も対象とするのはどうも公平感を欠くのでみたいな言い訳をしていたが、とことんバカだな、こいつは。
なら国家公務員は除けば良いじゃん、て皆思ったんじゃないかしらん。そっち側の人間なんだから把握してるわけでしょうが。人口比の数%抜くだけで良いんだぜ。

バカ、バカ言い続けるとこっちも荒むから嫌なんだけどね。ほんとに。

最近考えを改めたことが一つありましてね。
トランプ大統領を見て、困った男だと思ってました。その一方で日本も大差ないと思ってました。

違いました。

トランプは他国とは言え必ずしも政策に賛同はできんし品性は欠けるが、そもそも単なるバカではない。今の状況下ではまあ頑張ってる論法で言えば頑張ってるよ。中身はあれな事も多いけどとりあえず自分の言葉で喋れるしな。
翻って我が国ときたら、大差ないどころか比べて正直すまんかったと言うレベル。陳謝いたします。まったくトランプを羨ましくなる事態になるとはな。

それでも感染者も死者も全然少ないからいいじゃん…と言うのはこれは元々持ってた日本の国民性含めた社会インフラがたまたま機能しているからにすぎないのであります。要はこの件に関しては他国に比べると基礎体力が違ったと言う事でしょう。

実際に有事と言う事であちこちで戦争に喩えられておりますが、戦争にて兵站が肝心要なのは言うまでもありません。
ところが我が国の総司令部はまたしてもやらかしてます。ボンクラも極まれりでその器じゃないのはもはや明白なのでせめて最後は自ら身を引いてくれないか。もはや我が国のトップはかつてのチャウシェスクに見えてきてます。

 

April 08, 2020

揶揄する気も失せてきた

政府が何か発表するたびにむしろ絶望感が深まっていく。
何がしたいんですかねあの人たちは。コロナより怖いんですけど。

よくもまあ徹底的に国民から希望を奪っていくと言うことができるものだと。現憲法下で最悪でしょう間違い無く。主義主張はこの際置くとして、いざと言う時にも何も出来ないのだな。立ち振る舞いに一々心が荒んでしまいます。バカすぎてもう何も言えないです。

頑張っているのだから文句言うなとか言われてもなあ。小学生や新入社員じゃないんだからさあ。
あえて言うと国のトップに頑張っているよね、と言うのも逆に失礼な話と言えなくもないかね。国政なんて全ては結果責任ですがな。
言うなれば何をやっても文句言われる立場。そう言うもんだ。

国民性のようなものがあるとすれば、概ね日本人はおそらく兵隊としてのモラルは(良くも悪くも)ものすごく優秀。世界一かもしれん。だから強制なくても相当外出は減る。リーダーが無能でも馬鹿でも無茶な要求にも限界までなんとか耐える。で、限界超えると自死する。
じゃあリーダー(特に有事の)としては?そう言うタイプはなかなかそう言うポジションに辿りつかないのか?そう言う面はあるのかもしれないが、それにしたってなんでよりにもよって今この瞬間にこのメンバーなんだ。

 

 

 

 

 

April 07, 2020

緊急事態宣言

とは言え強制力があまりないことを良いことに?ほとんど補償はする気がないことが明らかに。諸外国とのあまりの差に愕然と…しないのはどうせそうだろうと思っていたから。
頑なに財務相がシブチンなのはなんでなのかね。めぐりめぐって税収減るのに。頭が良すぎると一周回って馬鹿になるんですかね。個々人は頭良くても組織化すると愚鈍になるのでしょうか。
組織とはそう言うものなのか。権益を守るためには国民がどうなろうと知ったこっちゃないのか。もはや公僕とは言えません。

税金や社会保障の支払猶予とか、先送りだから一銭も出さないのと同じじゃん。これを対策額に含めるって詐欺じゃないの?そもそも赤字経営の多い中小企業なんてたいして納税してないだろうに。
無利子の融資もそう。無利子とは言え貸すだけだから、これも同じ手口。終息が見えない状況で企業活動が停止する事態に金借りる勇気出るか?
外に出るなと言っておいて、申請に来いみたいな(電子申請出来ない人多いと思うぞ)、ここでも小ネタを入れてくる感じ。

もはや各都府県が独自に補償をして後で国に請求書送るぐらいのことは出来んか。

 

April 06, 2020

語るに落ちる

流れの早い世の中ですから、既に古い話題なんでしょうが。
漫画家の浦沢直樹が投稿した総理の似顔絵が「炎上」したそうな。
どんだけ凄い投稿なのかと思って見てみたらば、アベノマスクというキャプションはあるものの、まあタダの似顔絵。本当に炎上したかと言うと、そもそもそこからして怪しい話だが、こう言うのって記事になることで逆に本当に炎上したりしてマッチポンプ構造なことも多いよな。
で、まあ確かにキャプションそのものは揶揄まじりだけど浦沢直樹が言い出しっぺでもなし、ただの時事スケッチといやそうだから、新聞1コマ以下の風刺性。
これに噛みつくってのは、いわゆる語るに落ちると言うモノですな。実はそう思っているからこその過剰防衛。何もなけりゃスルーする程度です。

それにしても所有作品全部処分しますとか正気を疑うレベルのコメントですな。絶対1冊も持ってないだろ?(笑)。正直そんなファンいらないでしょうから何のダメージも無いでしょうな。他にも漫画に政治持ち込むなみたいなのもあったような。ちょっと前にロックに政治持ち込むなみたいな話があったような気もするが、同じ構造か。
小学生じゃないんだから多少は文化史を知らんとな。

ちなみに私は特に熱心なファンでも無いので我が家には本当に1冊もありません。その意味では浦沢さんごめんなさい(笑)。でもBob Dylanのファンなのは知ってますんでご勘弁。

April 05, 2020

Go To Travel Go To Eatと新概念

Go To Travel Go To Eat
これ見た時絶対フェイクかと思ったんだけど、どうやらそうではないらしいので。いまだに半信半疑なのでむしろフェイクであってくれと思ってます。

次から次へとお笑いネタの提供には余念がないね。この政府は。
本気か?と言うかもはや正気か?と言うような歴史に残る(これもまあ議事録が公文書として残ればだけどな)、天下の愚作をようもまあ連発できるな。お笑い番組はこの作家雇いたいだろうな。
外に出るなって言う話をしてる時に、何で旅行券やら食事券の話ができるのか。
今・の・生・活・を・ど・う・す・る・か・と言うことが何故できん。

狂人の集団か、何かのカルト集団か。ウィルスより恐怖だ。
恐怖政治ってこう言う意味にも使えるんだな。新概念だな。

節目の春

この4月から高校入学するはずの娘の学校も入学式の日程すら定かでない状況。
今のところ「延期」ではあるが状況次第ではどうなることやら。
何しろ新入生だからさ、中学は卒業したものの高校生になった実感が伴わない。そりゃまあそうだ。入学した証が何にもないんだもの。
2011年の時も卒園式がまさに3月10日だったからギリギリ回避できたけど、人によってはできたかどうか。
節目となる年の節目となる時期にまたしてもか、と思わざるを得ない春。

April 04, 2020

損して得とれ

マスクショックで日本中が大喜利状態。いやー笑いの欲しい世の中に政府渾身のギャグでしたね。こんな大ネタやられたら本職の皆さんも困るよねー、とまだまだ引っ張ってみたりしつつ。

頑なに現金給付を拒否る財務相。
リーマンショック時に給付が失敗したという認識が論拠らしいが、バカかと。
当時そんな給付を受けたかどうか記憶が定かではないのも確かではあるが、言っちゃなんだがたいした額でも無かったという事でさ。

そもそも論で当時と状況が全く異なるだろうと。現状認識ができてない。
人の動きを抑制して、経済止めてるんですよ。今日明日の収入が途絶える人がまず第一陣で追い詰められ、次にその余波でいわゆる勤め人が影響を受けますな。

官僚にだいぶ嘘つかせて借りがあるからここで財務省がへそ曲げるような事すると、色々何か不都合が起きるからなのか?なんて。
所得補償始めた途端に消えた文書が出てきたりしてさ。

とか思ってたら、やっと重過ぎる腰をあげるのかと思いきや自己申告とは言え、範囲がはっきりしません。
巷じゃ結構皆言ってますが、まず先に配ってしまって後々調整するのが合理的かつ早いと思うのだが何で選択肢にないのかね。たまたままだ年初のうちだしさ。
ここでケチって実体経済をさらに悪化させたら、巡り巡って結局納税額減るから意味ないじゃんね。

損して得とれと言うだろ(意味違うかしれんが)。
ここは無駄となっても良いからまず手当てじゃないのかね。

April 03, 2020

戦う相手は何なんでしょうかね

その気になれば作れなくもないらしい布マスクをどう言う計算なのか住所当たりに2枚(絶妙に半端な枚数)配布と言う対策を胸張って発表した事態に日本中がズッコけたと思いたいが、一体我々は何と戦っているのかわからなくなってくる今日この頃。
頭クラクラするのは決してコロナのせいではない。

まあ配布をよろんでいる人もいるようだが、それはそれで喜んでくださいとしか言えません。
それよりもこの政策を発表した場合にどう言うインパクトを与えるだだろうかと言う事を1ミリ秒でも考えただろうか?と言う事なんですな。
ウケを狙うと言うことでは無いですよ。実効性の有無とかその他諸々勘案した上でこの深刻なご時世に総理の発表として値する内容なのか?と。新聞報道によると1っヶ月前からの腹案で官僚が提案したらしいが逆に総理を貶めるために入れ知恵したのかと勘繰るレベル。バカだから騙せるしみたいな。

(今までも思ってたけど)まともな判断力は無いと言わざるを得ない。
それでも総じてお上に甘い国民ですからズッコけただけで暴動は起きないけど、これマジで血の気の多い国だったら首相官邸が襲撃されかねないんじゃないかしらん。

実は歴史を作るプライドも何も無い事が露呈して無いかい。まさに空虚と言うのが現政権の本質なのかも。
虚無相手に戦うのは確かに疲れるだけだわな。

April 02, 2020

エイプリルフール


布マスク二枚?
そうかエイプリルフールか。というツッコミはそれこそ全国津々浦々からでしょうがね。戦時配給品としてもとても21世紀とは思えませんなぁ。
これが我が国の実力なのか…と国民をガッカリさせるには十分なインパクトだが。

ところで全世界が混乱して景気後退の予想は容易い中、実感と裏腹に好況を言い張ってきた政権ですが、パンデミックという一種の災害を前にこれ幸いとそこに全てをおっかぶせて、景気減速でーすと言い出すんでしょうね。

ボクのせいじゃないもーん、てか。

April 01, 2020

正解は誰にもわからない

前例のない事態ゆえ正解は誰にも解りません。歴史の判断を待つしかありません。
もっともあきらかに正しくないことが明白なお肉券とかもありますが。いい加減頭がお花畑か。
とにかく精神論に傾きすぎ。耐え難きは耐えられないし竹槍で飛行機は落とせないの!最後は玉砕か?おい。平時の政策はやたらと勇ましいくせにいざ有事(今が有事でなくてなんだ)となると先の大戦の反省は何もないかのような体たらく。
権力者が正しく権力を振るうべき時だと言うのに。とりあえず当座の生活の面倒は見るよ、だから「自粛=経済活動やめれ」ならまあわからんでもないが、そこは自己責任でヨロシクじゃあ何のための国家なの。国家主義者は結局国家を破壊する落ちしかないのか。

それでも米国の惨状を見るに、まだ堪えているとは思う。社会インフラなど基礎体力はなんだかんだあるわけで。とは言え為政者がそこに頼るばかりてのはなあ。

 

 

« March 2020 | Main | May 2020 »