« April 2020 | Main | June 2020 »

May 2020

May 31, 2020

先手

気がつきゃ5月もお終いでさあ。
給付金の連絡はまだ何にもありません。まあ例のマスクにしてからが全国でおよそ25%(5/27時点、厚生省HPより)にも満たない配布率なんだから推して知るべしだが。
やることが遅いのは先手を打てないからで、よくよく考えてみりゃ数々の疑惑についても先手を打てないから、良くも悪くも(というべきかどうかだが)問題になっているんじゃないんですかい。つまるところ実はたいして”悪知恵”にも長けてないようなのが知恵袋ってところなのが真相だったりして。
だもんで先日発表の追加対策だが、中身の良し悪しはひとまず置いておくとして、これで終わりとしてはいけないのである。長期戦を覚悟するなら、次そのまた次の策をいつでも出せるように指示しておかにゃあきませんが指示できてるのかね?あるいは少しは知恵の回る知恵袋なら「そんなこともあろうかと」あらかじめ準備してるものだがね。というか確実に「そんなこともある」しな。
心配だあね。

May 29, 2020

議事録無し

専門家会議の議事録がないらしいんですけど、これまた残念ながら驚くには当たらない。
記録を取らないとか記録を改竄する=責任を回避する、というのは現体制の特徴の一つだもの。
いつもの平常運転である。
総理は憲法改正で歴史に名を残したいらしいが、なんというのかな、総理になった時点である意味歴史に名は残してんだよね。
んで、役所の任務の一つは偏に記録を残すことに他ならないのだが、それは都合の良いことだけ残すことではないのよね。ありとあらゆる記録が残っていないとダメなのよ。
記録を残す=国の歴史を作るという大義が悲しいかな全く理解できていないんでしょうなあ。
もっとも歴史は勝者のものという考え方もあるっちゃあるが、どっちにしても検証に値する記録はあまりなさそうで後々の歴史家にはなんだか薄らぼんやりした時代だったとか言われてしまうんじゃなかろうか。知らんが。

May 28, 2020

準備期間ならまだ良いが

責任はあるとか取るとか、でも取れば良いというものでも無いとも言うので何がなんだかではあるが、結局のところ振る舞いとしての基本的なスタンスはなるべく責任は取りたく無いし、取らない、というのが現政権の特徴に見えてしょうがない。
ちょっと首都圏の解除は早いんじゃ無いのかな?と思った通りに感染者が月末に向けて微増傾向。
大方の予想通りではあったが、増加傾向になると解除するタイミング難しいからとりあえず一旦解除してしまえと言う思惑だったんじゃ無いかと邪推。とにかく解除すれば自粛の補償もいらないし、とかまで思ったか。
まあこの際一旦解除は良いですよ。とりあえずは賭けに出たと。
問題はここから。再拡大に備えての準備期間とできたかどうか。結果論的な自画自賛に溺れて同じ轍を踏む無ことないようにね。
専用病棟は無ければ困るし、さりとて患者がいなけりゃ稼働率の低さが経営上問題になる。でも有事に備えるてのは平時の無駄という面もあるわけでなあ。

 

May 27, 2020

働き方

昨年の4月ごろから働きかた改革っつー旗振りが煩くて、まあ正直迷惑しとったわけですが、今やそんな旗振り関係なく強制的に働きかたが変わらざるを得ず、でございます。
すっかりテレワークが浸透しちゃって、これが故に経営サイドからすればテレワークで残業なんかあるわけねーだろみたいな話で。どうなんでしょうかね、この自粛期間で業種によるとはおもいますが、ホワイトカラーの時間外労働は実質はさておき数字上は過去に例がないほどに削減されたんじゃないでしょうか。いやあまあ単なる推測でエビデンスはないんですが。
おそらくですが経営層はかなり味シメちゃってんじゃないかとおもいますよ。実際んところこれでも回るならこれで良いんじゃね?てなもんで。
良くも悪くもこれがニューノーマル。
個人的には以前から現場回ってることが多い身にゃポジティブな変化はあまり無し、ネガティブ面が上回るか。

May 25, 2020

世界の危機

SFのネタとして世界政府ってあるじゃないですか。
世界の危機に際して国家のエゴを乗り越えて設立…みたいなね。
今の現実を見てると、相当に深刻な危機が勃発しても世界政府の実現てなさそうだなあと思わざるを得ません。
感染症なんて国境関係ないのに、米中の対立は言うに及ばず。
各国の英知を結集して国際協力した方がワクチンにせよ特効薬にせよ重複研究排除できれば少しは効率的に進みそうなものだが、きっとそんなことないんだろうな。
いや研究者レベルは協調してまっせ、というなら結構なことですけど、企業レベルで落とし込んだらそこですでに利害が対立するもんな。

世界政府なんざそれこそエイリアンが攻めてきても無理そうだわ。地球人類が結託する前に確実に詰みそうやん。何がなんでも我が国だけは…みたいな抜け駆けしようとしてな。

May 24, 2020

緊急事態宣言解除の方向


もう緊急事態宣言解除が既定路線のようなんですが、判明する感染者数が概ね10日から2週間前ぐらいを基準とすならば、ここ1週間ぐらいはGWの自粛状況を反映してんじゃないかと思われる。5末まで様子見ても良いような気もするし、どっちにしてもGW後の状態が反映される頃にはまた数字は上昇するのかも。何しろ東京圏は人口が多すぎる。
こりゃアカンみたいな数字になったとして、再度の宣言はいろんな意味でダメージありそう。とは言え経済がヤバいのは言わずもがな。様々な業種が風前の灯火。
自粛が伸びたんだから給付も増やして欲しいんだけど、そこはすっかりやる気なしだよな。尤も最初の10万円もいつになるやらで、やらんで良いことはささっとやるけど、急ぐべきことは対応が遅い。

それにしても感染症の実態がやっぱりよくわからんのでどうしたものかいな。
感覚的には市中感染率は首都圏でもあんまり高くなさそうなのよね。抗体検査の0.6%を信じるならば、1000人に対して5~6人。少なくはないが、症状が出るまでになる率がこれだけではわからない。自覚症状が出るとキツそうなので、恐れる必要なしとまでは言えないのが厄介だ。結局のところしばらくは注意深く生活していくしかなさそうだが、満員電車はどうにもならんような気もする。

ところで明日夕方に記者会見がまたあるみたいなんですが、またあれだ、スケジュール入れて時間が来たので終わりまーすってやるんでしょうね。検察の件は質問されるんですかね。関係ない事案だからとかなんとか一種の談合で本件に関する質問は無しで調整してるんでしょうか。いや楽しみだ。

May 23, 2020

そろそろ本当に

この数年で責任を取る、という言質は責任を取らないとほぼ同じ意味になっていまいまして、辞書の中身も改訂が必要なんじゃ無いか、てなもんで。
誰のせいだと言えば、総理のせいだ。とにかくちょっと都合が悪くなると、他人に責任を押し付けて上に立つものの器では無い事を露呈する。ほぼ自らの過ちを認めることはない。こんな上司の元では本当にやってられませんぜ。

権力者という自覚もあるのか無いのかどうにも判然としない、空疎そのものにしか見えないから推察するのも虚しいが。
何をやってもうまくいかないどころか逆に逆にと物事が進む最近は、悪魔に魅入られたかのようにある意味強運だったこの政権もようやく運にも見放されてきたのか。なんとはなしに当人も結構嫌気がさしてんじゃ無いですかね。
誠に結構な事なので、そろそろ政権投げ出してくれんかな。本人のココロの健康のためにも…なんてな。

 

 

May 21, 2020

予想外すぎる

本当にネタの尽きない政権だと。

賭けマージャン認めて検事長辞任だそうな。
とは言えこういう結末は、予想外でもあり期待していた結末でも無く。これをもって有耶無耶になるのは良く無いような。
もちろん直接的には検察とブン屋さんの話ではあるのだけど、この状況下でそれやるか?と。まあブン屋相手だから逆に報道は無いよね、とタカを括っていたのでしょうか。

政権が直に起こしたとは言えないが、総じてなんかそういう体質なんでしょうなあ。
とか知った風な事を言ってみたりして。
しかしまあ処分無く辞任なんですかね。普通なら単なる末端公務員でも叩かれそうだが検察だからねえ。
先送りにした継続審議はどうなるんでしょうか。余人を持って替え難しという体で無理筋で閣議決定した内閣の責任はどうなんやとか。

 

May 19, 2020

新しい生活様式

厚労省が発表している奴だが、さすがに細かすぎてどうなんだと思うのよね。
まるで小学校の生活指導みたいじゃないすか。
提言とはなっているけど、ほら日本人て権威付けされると概ねバカ正直にやるじゃん。で、自粛警察と同じく、少しでも外れた事しようものなら勝手ポリスが湧いてでてあれやこれやをはじめるでしょ。ましてやまあそれだけ追求すりゃあ感染リスクは下がるだろうさと言う意味で、基本的には「良き事」みたいに見える中「あー、うるせー」とか言いにくいし。そんなこんなでマスクしないでクシャミでもしようものなら、暴力沙汰に発展しそうな昨今だ。
既にこんな提言を待つまでもなく市中はやり過ぎなぐらいに変化しているので、これ以上の権威付けは控えていただいた方がねえ。

と言ってももう発表されてしまったんで遅いんですがね。

だもんでコロナからの自衛というよりは市中のどこに潜んでいるかわからない、勝手ポリスに怯えるが故の自衛手段として、新しい生活様式とやらを守らざるを得ない悲しさよ。

May 18, 2020

引っ込めた

そう言えば噂のマスクは数日前に届いていたのであった。
でも定額給付金に関してはまだ何にも届きません。自動車税とか固定資産税は例年通り粛々と届きましたが。
まあルーチンワークが滞ったらそれはそれで問題なのでね。

時に例の検察官定年延長問題はとりあえず今国会では引っ込めると言う、近年稀に見る結果となるようだが(まァあくまでいったん引くと言うだけですが)やっぱり支持率低下にびびったんかね。
どう見ても筋が悪い内容なのもさることながら、不要不急なんじゃないの?と言うところでさすがに反感買ったか。道理の筋も悪いけど自粛で収入源・失業で明日のおまんまがどうなるやらと言う中で公務員の定年延長ってのもあったかも。

May 17, 2020

9月入学とか

9月入学が良いかどうかともかくとして、以前から真冬に受験するメリットが一切感じられないので、個人的に少なくとも秋ごろに入試を行うべきではと思っていた。
いつ行うにしても何がしかのリスクはあるけれどそれにしたって2月とかどうなのさ。
台風シーズンと雪とインフルのシーズンを避けて11月ぐらいがベストかなと。そして今後はこれにコロナが加わる事になる。
制度変更が今できなければこの先もできないような気がするのは同意で、結局のところ何も変わらないと言う結論になる予想もできてしまったり。

先の報道ではコロナの抗体陽性率がわずか0.6%らしいと言う事で、思っていたより低いのは良いんだか悪いんだか。
とは言え東京都1000万都民として6万人、首都圏3000万なら18万人となるので、判明している感染者数とは乖離しているのは間違いなさそう。
意外と罹患していないと言うことはこれからまだ増える余地が結構ある。

でも仮に9月入学になるとして逆算すると受験は7月あたり?オリンピックと被るのか、それとも中止になって影響ないのか?
どっちにしても今のまんまじゃ特に受験や就職控えた学年は色々な状況に振り回されそうで大変そう。

May 16, 2020

チキンハート

政権の虚言にある意味慣れきってしまい。何があっても驚かない昨今だが、本来なら異常事態ではある。
検察官の定年延長もそれだけの話なら世の中含めてさほど抵抗のある話ではなかったのかもしれないが、まずもって得意の閣議決定で違法に近い定年延長をゴリ押しし、その追随で法改正すると言ういかにも不自然極まりないことをやるから疑惑を呼ぶわけで。順番が逆だったら手続き的には問題無かったろうになんでこうなったのかね。
定年直前になってから「しまった!」みたいな事になったんですかね。良くも悪くも周辺に気の利く奴が居ないんでしょうか。
そもそも検察がそこまで気概のある組織かどうかは別の話ではあるが、それでもやっぱりビビってんのかね。

それはさておき内弁慶な総理だが、お友達相手には饒舌になるのか知らんがホームグラウンドのネット放送には熱心なようで。ついでに安心してたせいかつい口が滑ったらしいとかなんとか。お友達の方もうっかりやぶ蛇になっちまって慌てたのか件の動画は現在非公開だそうです。
大事な事を主張したいのなら堂々と記者会見でもすりゃあ良いのによ。

 

May 14, 2020

10万円

給付の申請はオンラインが先行していて、当然そのほうが早いと言えば早いのかもしれないが、作業の前線に立つ自治体側はなかなかの混迷ぶりのようである。
普及率の低いマイナンバーカード とは言え、絶対数としてはそこそこの数なわけだ。
んで本来今回のような目的は想定されていなかったと思われ、結局申請内容の手入力部分を一々照合しなければならないとかで、本来あるべきシステム化の恩恵がほぼオミットされているようである。
まことにグダグダな話しであり、前例のないこととは言えこんな仕様で進めた奴は誰だ!ということになるんだが、まあ現場を知らないで言うだけのやつは楽だよなあ。あるあるですが。

May 11, 2020

既定路線?

東京高裁検事長までなりゃあ客観的に見れば十分に功成り名遂げたと思えるものですがねえ。
もちろん色々無理筋やっとる内閣が重症なのは前提ですが、当事者たる検事長サイドが「いや定年なんで受けられません」とか一言言えば済んだ話にも見えるのよ。当然先に裏で話もらってるはずなんだからさ。
そのまま言ったらちょっとアレかなと思ったんなら「いやもう疲れたんでー」とか「余生は趣味でー」とか色々あるじゃんよ。ヤメ検でもすれば食うには困らんだろうし。小生など少々の蓄えがありゃあ即引退したい口だ。無いから仕方なく働いてんの!功も名も無いからじゃと言われりゃ返す言葉も無い...話がずれたが、そういう話もなく粛々と受け入れちゃってるからこの先も諸々既定路線なんだろ?という疑いが拭えない訳さあ。何というか浅ましい。
だいたいが担当大臣がトンズラするってのもどうかしてるし。まあ常軌を逸した例の答弁が恐怖しかなかったけれども。

とまあ色々やらかしてひと昔前であればあり得ないほどの失策や暴挙の数々をやらかしているにもかかわらず、信じがたいことだがいまだに政権を支持する人はかなりの数いる。昭和であればこの内閣は何度も倒れているはずなんですよ。そのぐらい酷い。

そんでも次の国政選挙でも結局のところ自民が勝つのよな。変わりがいないとか言って。
卵か鶏かみたいな話だが、変わりを作る気がなきゃそりゃそうなるっつーの。

May 10, 2020

あらためて先行き不安

ウィルスの制御が可能になるのかならないのか、なったとしてもいつになるのか。全てが不明瞭だが、それでもある程度の時点で経済を回さざるを得なくなる。で、もはやアフターコロナの世界ではそれ以前と同じ生活様式は困難になってしまった訳です。もう社会構造が強制的に変化せざるを得ない。食事は横並びにって家族ゲームかよ。もはやマスクせずに市中に出るだけで犯罪者扱いされそうだもんな。咳払いでもしようものなら私刑か。

冗談にならない冗談はともかく特に飲食業の業種は相当なストレスに晒されそうだが、その一例がこれ。こちらは精算という選択となったが、書いてあることには一々納得するしかない。

採算一つとっても単純計算で満席を維持しても売り上げ50%減じゃないですか。じゃ価格を倍にできるかというとなかなかねえ。となりゃ人件費削るしかなくなるがこれもまた削られる方は茨の道。なんなら行列ができる店という概念自体がヤバくなり忌避対象になるかもです。とにかく色々厄介だ。

あれこれ考えると大量失業時代になりかねず、このレベルになるとどんなに手厚く補償しても無理。これは相当マズいよ。

 

May 09, 2020

スピード感

別に心待ちにしてはいないが例のマスクはまだ我が家に届きません。
ここ見るとまだまだ先は長そうですが。

そうこうしているうちにボチボチ市中に供給が復活しているらしいなんて話もあってますます持って不要の代物になりそうだったりして。これがまあ発表してすぐに配られたんだったら愚作は愚作としてもスピード感だけは大したもんだったねとなったんだろうが。
そして給付金もオンラインでは受付開始してるらしいけどロクに普及していないマイナンバーカード前提だから8割以上の対象者はオンラインでは出来ないことになるので、自治体により差はあれど来月以降にならんと受け取れない層が多数なんじゃないかね。
自粛延長になっても給付の追加もやる気はなさそうでなんだかなあ。

ここまで後手後手になるのなら、医療系リソースに予算を全て回した上でスウェーデン方式の方が良かったんじゃないかとすら思えてくるが。

そういや検査少ないのを国際的に疑念を持たれているためか、情報発信力を高めるための外務省予算が24億だとか。額の多寡はともかくこれ計上する必要あるかね。粛々とやることやれば勝手に報道してくれますけどね。まあこの後におよんで検事の定年の件強行しようとする奴らだから何でもありありですがな。こんな事スピード感いらないけどね。

May 08, 2020

TOKYO 2020 in 2021

オリンピックには若干アンビバレントな気持ちでありまして、延期が決まる前からのゴタゴタにうんざりしてどうでも良いと思うところもあれば、何とか開催できないかなと思うところもある。
で、なんだかんだ1年延期としちゃったんだけど、本当にやるつもりなら2年延期の方がベターだったんじゃないのかなあ。
我が国の事情だけでは開催できないですから。全世界的な制御がいつになるのかってなもんで。

総理は延期決定当時は感染症に勝利した証としてみたいな事述べておったが、事態の経緯をみて流石に無理だったかなぐらいには思ってるかも。いや無いか。最近も日本が先頭に立ってワクチン開発を主導するとかまあテキトークしていたが、なかなかこれはハードルが高い課題。僥倖が重なればあるいは世界のどこかで開発される可能性はなくは無いし、無論そうなることを願ってはいるが、このままでは結局中止となってしまうオチが待っていそうなのよね。

まずは国内限定のスポーツイベントがどの時点でどのように解禁されるかだなあ。インターハイ中止決定で夏の甲子園も怪しいし、秋の国体はどうなるか。

 

May 07, 2020

使い捨てよう

府知事やら都知事やら評価が上がってるようですが、評価基準が総理なら誰だって上がるってのはまあ置くとしてだ。
国民、というか市民(いわゆるCitizen)の側もそろそろ色々な意味でもっと強かになって然るべきでは無いかと思う今日この頃。
自ら使い捨てで良いと言い放った府知事には賛同するものであります。うまいこと使い捨てるぐらいで本当に良いと思います。
都知事あたりも何なら国政返り咲きとか色々思惑あったりするかもしれませんが、使えそうな間は転がしておいてあんまり調子こいたら足下すくってやりゃあ良いんです。

May 06, 2020

だからよ

感謝とか思いやりとか絆とかがあればウィルスに勝てるんだそうです。

美辞麗句や修飾語を使うなとは言わないが、そういう気持ちがかけらも無い奴に言われるのも正直ムカつくし、ここだけ取り出すと科学的根拠の無さやら内容の無さではよく考えるとドクタードルフィンと五十歩百歩な気がせんでも無い。

そういう分野は他に任せておいて、実効性のある対応を切に望むものであります。

May 05, 2020

逃げ腰

なんやかんや言いつつも結局真剣に向き合う気が無いと言うのはもうあらゆる状況からして明白なんである。
昨日の首相会見も後の外交日程があると言う理由で途中で切り上げる結果となったが、今この最中に外交日程?と思って首相動静を確認してみたらばだ。

以下抜粋。
午後6時から同7時7分まで、記者会見。同15分から同35分まで、ベトナムのグエン・スアン・フック首相と電話会談。
午後8時19分、官邸発。同33分、私邸着。
午後10時現在、私邸。来客なし。
…まあ、どう考えても最初から逃げ打ってたとしか思えないスケジュールだよなこれ。

この状況下での首相会見であれば質疑が尽きないのは予想できる訳でハナっからエンド決めてます。
こう言うところ一つとっても胆力も誠実さもかけらも無いところが露呈するのよ。

ところで名刺交換をオンラインでってどう言う運用を想定しているんでしょうか?どっちかっつーとメアドとか電話知るために名刺もらってるんですが。まあその情報をメモでやり取りするのも何だしなぁってんで名刺活用してるんでぶっちゃけオンラインでコミュニケーション成立してたら名刺いらないですけどね...

 

 

 

 

期間延長

未曾有の危機とも言える状況に上っ面のお願いと感謝だけではどうにもならんのが事業者の本音じゃなかろうか。延長は決定したが相変わらず言葉のみで具体策が無い。皆が驚くような追加プランがあったれば全然変わるだろうに。そんなもん期待するだけ無駄なのは分かりきってはいるが。

新しい生活様式にしても、例えば食事は横並びで会話するなとか言われたらそれは「正しい対応」かもしれないが、飲食店をはじめとして客商売は店を開けても商売上がったりなことは間違いない。スペース開けたら固定費変わらんのに満席でも売り上げ半減とかだもの。
感染症対策と経済活動の多くは両立し得ないのが明白な中、仮に今後緊急事態を緩和したとしたら自粛は解除したからあとは自己責任でヨロシク、とほっかむりしそうでコワいっす。

根本的に舵取りの難しい問題なのは確かではあるが、前例の無い事態には前例の無い対応をするより他にない訳で、経営側にも雇用側にも様々な支援をするより他にないのではと思う。感染症が解決するまでにありとあらゆる商業施設が壊滅してしまっては元も子もない、程度のことがなんで今もって理解している感がないのか。
少なくともGo Toなんちゃらは後にすべき。やっぱ令和の徳政令が必要か。

May 04, 2020

むしろ忖度しろ

理想の政治、理想の行政なんてものは無いのは分かりきったことでしてそんな何もかもお見通しな人間がいるはずもない。だからまあ事後に攻めるのも酷な面はある、ぐらいの前提はあるつもり。
人間誰しもミスはする。ミスをした後のリカバーが大事ぐらいは誰でも言うし言われるじゃんよ。
しかししばしば権力者が失うのは謙虚さでもあって、そこが不愉快ポイント。
バカなのはもうこっちもいい加減諦めてんだから、せめて臨機応変にミスを認めて軌道修正すりゃあまだしもなのよ。
検査数が少ないと言う指摘は今となっては相当前から問題になってたと思えるが、いまだに全く実態が不明なままです。これは感染者数と言う母数次第でどうにでもなる数値ばかりを報じる報道側の姿勢も酷いとは思うが、政権も一日あたり20000件にするとか言ってたよな?
なんなら忖度しまくりと思っていたが、肝心なところは忖度しねえのか?揃いも揃ってバカか?それとも確信犯か?

May 03, 2020

明後日の方向

憲法記念日の今日。この後に及んで、という文句を何度も言わせたくて仕方ないのか。
緊急事態条項とやらを盛り込みたいと宣っているそうな。まあ支援者にリップサービスをしないわけにはいかないと言う事情もあるんでしょうが。

今現在医療崩壊を起こしているのは緊急事態条項がないからではない。そこには全く因果関係がないのにあたかもそれさえあれば色々できた、できるというのは戯言でしかない。相変わらず明後日の方向におつむが向いてます。備が足りなかったことは素直に認め、今できる限りのことをするのがまず先決。それができぬ輩にこのような議論等笑止千万。
仮に今その条項があったとしても、豚に真珠かはたまた気違いに刃物か。どちらにしてもロクなことにはなるまいて。

歴代最長という政権掌握期間は翻ってみるならば歴代最大の責任を問われることにもなるが、その間になしたことが一体どれだけ今日の事態、そして未来の事態に対応できるのか。今まで散々無理筋の危機を煽ってきたツケはどれだけ返せるのか。実際には一つの自己反省もないんでしょうけど。

May 01, 2020

テレワーク

先月から原則出社禁止となってご多分にもれずテレワーク。
正直禁止になる前も、ほとんど会社には行かない仕事の仕方だったので客先に行くか行かないかぐらいの違いで、環境的には大して違いなく仕事できている。
というか普通に一日忙しいのにこれまたびっくり。
なんならテレワークになってからの方が忙しいかもしれない。

せっかくのテレワークなので多少は余裕を作ろうと思って前倒しで片付けようと思っても各方面からインタラプトされるわ、片付けたと思ったらまた課題が湧いて出るわで。
なんだろうな。外出てると今できないから後回しにせざるをえずだったのが、無くなったからなのかね。

« April 2020 | Main | June 2020 »