« May 2020 | Main | July 2020 »

June 2020

June 30, 2020

都知事選を前に

東京が一番感染者が多くなるのは人口が集中しているからで当然。
いまだに新型コロナの病気としての実際の脅威度については正直疑問というかわかりにくい面もあるのだが、少なくともそういう公式な説明はないわけで、であるならば現在の感染者数が、自粛要請やら東京アラートやらに相当するとは大抵の人は思うんじゃないかね。
特に「アラート」なんて単なるライトアップだけなんだから、やりゃあいいじゃんみたいに思うけどね。

まあ東京って一括りにする必要もないんじゃないのってことなんよ。奥多摩と新宿一緒にしても仕方ないし。夜の街って連呼してるんなら、そこがいわば感染源なことは明白なんでしょう。だったらそれこそ歌舞伎町界隈だけでも自粛してもらって徹底的に検査するとかさ。

それにしても都知事選なんて現職のぼんやりとしたイメージだけで当選確実なんで、いつから有名人の人気投票みたいになってしまったんか。有名人だからだめなのか論は脇に置くが、むしろ有名人じゃないと立候補も当選もできないような感じだもの。

現総理に色々思うところはあっても国のトップの直接選挙なんてこの国じゃ絶対やめた方が良いと思いますわ。

June 28, 2020

ランボー ラスト・ブラッド RAMBO: LAST BLOOD

映画館が営業再開になったこともあり、そういうことならと早速の一本。
前作が2008年だったので、すでに10年以上前。なんかついこの前みたいに思えるのが嫌ねえ。歳取ると時間経過が早いのなんの。
前作はなんちゅうかランボーのフォーマットを借りた一大残酷絵巻でして、しかしながらそこがある意味画期的でもあり、ヒロイズムをいわば相対化して見せた一作。

で、その前作のラスト、いい感じに終幕を迎えてそれを引き継いだ前半は、ランボーらしからぬ平和な一コマ。冒頭のエピソードはなんか浮いてる感じもあったけど、本国版ではカットだとか。確かになくても話は成立するもんな。

おそらく最終作の今作(FISRT BLOODに対する対比としても)だが、実になんというかひたすら哀しい話。皆不幸で鬱であります。
特に主人公たるランボーの哀しいことと言ったらありません。
今回もランボー自身は何も悪くないけど、育ての親の言うこと聞かない娘っ子は半ば自業自得…にしても不幸すぎるけど。結果ランボーも不幸。まあ脚本はスタローン自らも手掛けてんだけど。
全てはクライマックス戦に持ち込むが故なのは明白とは言えストーリーテリング的にはいくつか?な部分はあるのもちと作品としては弱いか。
で、そのクライマックス戦だが、所詮メキシコマフィア程度では最強ワンマンアーミーが手ぐすね引いて待っているホームゲームでは勝負になるわけもなく、ひたすら蹂躙されるがまま。完全にスプラッターホラー状態。殺人鬼ランボーのワンサイドゲーム。今回もR15ということで、そこは覚悟して観に行ったけれどもそこはビンゴでした。

で、何が怖いって平和な冒頭からランボーの不穏ぶりですよ。何があるでもないのに住居の敷地内に地下道を張り巡らして、普段はそこで過ごしてるという病みっぷり。
最終的にそこにトラップを偏執的に仕掛けて迎え撃つ段取りなんて、用意周到ぶりが復讐という感情を超えてヤバすぎて、感情移入し難いもんね。

最近アマゾンプライムでラストスタンドとかボーダーライン観たばかりなので、メキシコやベーみたいになちゃうのは仕方ないが、それも故か非難もあるみたいです。実際のところどうなんですかねえ。

 

June 27, 2020

当然の帰結

3桁になるのは時間の問題のような首都圏の感染者数。どう考えても第一波すら収束していないまま、自粛を解除すればこうなるのは当たり前。検査数が増えていることもある程度事実ではあるだろうが、放置する方針にしたならしたで明確にして欲しいものであります。

とは言えあれほど大騒ぎしていた医療崩壊はどうなるんでしょうか。首都圏の病床は確保されているのか謎であります。
今のままでは首都圏が一種の感染源となり、全国に波及させてしまうような勢い。これといった策もないんだからそりゃそうなるわい。
しかし国会はやっていないし、都知事はどこか知らぬ顔。後は自助努力でよろしくっ…て何も状況変わってないじゃん。

とにかくこの国はファンタジーで成り立っておりますでね。総理も都知事もレトリックか言い逃れしかしませんから。お上なんざおよそ当てにならないと、ある意味諦めているんでしょうが、それにしても現職の再選模様の鉄板ぶりはやはり理解不能でありやす。
何であんな権力欲と名誉欲「しか」取り柄がない輩に支持が集まるのか。

June 26, 2020

正常化バイアスとでもいうのか

喉元過ぎれば暑さを忘れるじゃないけども。
ま、喉元全然すぎてないと思いますけどね。異常事態も長く続けば異常が正常化して慣れるというか。東京は当然のように感染者数上昇中だけど雰囲気的にまあそんなもんだよな…みたいな感じになっているような気もする。
何度でもいうけど東京アラートってなんだったんだよ、本当に。一度解除したらもうやらないらしいがまったくもって意味不明。ちょっとやってみたかったぐらいの軽ーいノリか、コラ。
報道も相変わらず感染者数のみしか報道せず、背景の数値がどう推移しているとか興味なしか。意味がないのよそんなもの。
そんな都知事を結局支持するんだから、都民も大概お人良し。マゾヒスト集団か。
箸の上げ下げまで、指示されるような窮屈な世の中でいいのかい。そりゃその方が為政者も楽だよ。しかし目指すべきはそっちじゃないと思うんだがなぁ。

ところでみんなで頑張ろうという空虚なキャッチフレーズ(若干雑なまとめ方)にて決まった10万円だが、まだ振り込まれません。
どうにも給付を希望しないというチェック欄がいまだに気になってしょうがない。間違ったんだろうか…みたいな不安感しかありません。
どうしてああいう余計な手間をわざわざ増やすのかね?
とりあえず配ってしまえば、本当にいらないと思う人は寄付するなり何なりすればいいわけで、それだけで給付する側は一手間減るじゃんよ。
本当に嫌で嫌でしょうがないんだろうなあ…ってソモソモてめえの金じゃねえだろうが!

June 23, 2020

COCOA

コロナ接触確認アプリがリリースされた。
どうにも政府のやるこたぁ信用ならないが、調べてみるとセキュリティは意外と大丈夫そうなこともあり、入れてみましたよ。
そのセキュリティが大丈夫そうという理由だが、iPhoneの場合要はAppleによるフレームワークを使わなければならないからで、そこを掻い潜って何か仕掛けるのは容易ではないらしい。しかも開発主体はボランティアだそうで志ですな。
日本政府よりもAppleの方が信用できそうってのも何だが、連邦政府に犯罪がらみだから協力しろと言われても拒んだほどだからそりゃ信用できるっしょ(笑)。

June 21, 2020

金帰火来

なぜ06/19に首都圏からの移動が解禁になったか、月末ではなく月半ばのこの日だったのか。
むしろ既定路線として何が何でもこの日にしなければならない理由があったとは気がつきませんでな。
要は国会終わるので、都内の議員さん達が地元に帰れるようにしなければならなかったということだったのね。
そりゃあ国会の会期延長なんかのむわけ無いわ。

June 19, 2020

所詮ルサンチマンだが

何だってこんな国になっちまったんだかと源泉を辿ると小泉政権の新自由主義コンビてところか。特に平蔵はもうなんちゅーか、ある意味現総理など所詮小悪党に見える極悪非道の守銭奴、平成の大悪党と思うております。
パソナ会長(その他肩書多数)なんぞにおさまって、やりたい放題のマッチポンプ&ピンハネ野郎。ロクデナシ系経営者の代表。言い出すと止まらなくなるので控えますが。
それにしてもまあ所詮こんな能書きルサンチマンでしかないと自覚はしとるが。
およそ雇用者の給与を下げることで悦に行ってる大企業の経営者なんて笑止。そんなんでいいなら楽でいいよな。特にサイコパスなら罪悪感も無いし最適だな。そういうのは生産性を上げることでも無いし、ましてや付加価値の創造でも無いんでないの。

 

 

June 16, 2020

0.1%

2日連続で40人を超える感染者が発表されても発動されない東京アラートとは何だったのか。何だったんでしょう。と、過去形で書いてしまうほどに謎。
すでに当初決めた発動基準の方を見直す動きになっているらしく、これじゃ辻褄あわせの忖度に四苦八苦している総理周辺と何も変わらん。阿呆かと。
ちなみに補償もないなら経済回すしか無いんで、制限解除はむしろ妥当とは思っているが、それと政策の一貫性は別の話。

夜の街(これもなかなかどうして謎の言い回しだが)関連だから大規模感染じゃ無いのだみたいな強弁してみたり、当初基準はそこ無関係だし、そもそもそこに対するアラートの意味もあったんじゃ無いのかね?

そこまで夜の街を問題視するのであれば、球界のように関係者全員検査ぐらい主導すればいいじゃんよ。表立ってやらんでもできるだろその気になりゃ。
実際積極的に検査した結果とか言ってんだから。というかほんの少し積極的に検査しただけであっという間に感染者数が増えたってことになるってどういうことだと。これいろいろな意味で逆に問題。

しかしその一方で抗体検査の結果が発表され、その陽性率が0.1%。1000人に1人を多いとみるか少ないとみるかよくわからんが、都民1400万とした場合14000人が相当する。で、現時点の累計感染者数がおおよそ5500人。これはある程度自覚症状があっての結果だろうから、無自覚症状者も含めて14000人とするなら相対的に少ない検査数の割には、結果的にまあまあの捕捉率だったのか?素人だから数値の評価はよくわからんが。

こうなると正直このウィルスの感染力が高いのか低いのかもよくわからん。人によって症状が違いすぎるような気もするが、そもそも病気ってそういうものなのかも。

結果、嘘でしょ

そもそも我々日本人の悪いとこ、控えめに言って良くないところだが、大なり小なり権力者に甘いというところがありますな。

大体の人は嘘つきは良くない事として言われて育っているはずなんですよ。
ところがこれが総理だ、都知事だ、政治家だとなるとてんであてにならない。なのであちらも公約でもマニフェストでもなんでもいいけど屁とも思ってない。実現可能かどうかはどうでもいいので何かそれらしい事書いときゃ良いんだってなもんで。
何なら受かった挙句に正反対のことやるからな。

小池都政の7つの0なんで誰も覚えてないし、いや覚えてないこっちが悪いんだが、とは言えこれ出された当時も誰も実現できると思ってないわけで、その上で当選させてんだから何が何だかではある。だから公約実現できてないじゃんというツッコミが空虚になってしまい、挙句それを問われた側が開き直ってツッコミ返しても問題にならず、世間的には空気読めやみたいな反応ってナンジャコリャ?

巷の小さい嘘はやたらと攻められますが、権力者の大きな嘘は大目に見られる。まあ民間でも同じとこあるけどな。到底出来もしない経営目標掲げて実現できなくても責任取ることなく高給キープする経営者とかな。
でも経営者はともかく政治家は我々がその気になりゃ落とせるじゃんよ。

June 15, 2020

都知事候補(昔話込み)

立候補も主義主張も自由だから最終的には誰も止められない。
とは言え大局を見ての戦略は必要だと思うのよね。
候補者が概ね出そろったところを見て、これはまあかなり現職有利に見えるわな。反現職票が割れるのは明白で結果的に現職を後押しする形になるがなあ。

しかしもう何代にも渡って特に都知事選は有名人のイメージ選挙になってしまっているな。
その昔アントニオ猪木が立候補しようとして、予想以上に都民が盛り上がったことがありますが、このくらい意味不明に面白ければ別だけど、そこまででもなく半端ではあるが。ちなみにこの時は、泡沫かと思いきやむしろ主流になりそうになって各方面から説得された挙句に出馬取り消しというね。ここで事実上選挙が終わったくらいの感じでしたなあ。

国政も似たようなもんだが、結局毎度のことながら当選させるこっちがアレなんだけども。しかし猪木都知事は見たかった、てなもんで同じ穴の狢かと(笑)。

June 14, 2020

テレワークの弊害

っと言って良いかどうかわからないが、今回の騒動で比較的影響の少なそうな(今後はともかく現時点では、というエクスキューズ付きだが)いわゆるホワイトカラー平社員。
いわゆる時間外勤務については良くも悪くも減っているはず。
何しろテレワークなんだから、残業なんかあるわけねーだろ、むしろそんなもん認められるかってーの、てなもんで「実態はさておき」根こそぎ一掃されてるんじゃないかと邪推している昨今でございます。

経営層からするとあれほど苦労した時間外削減が労せずしてドラスティックに実現してしまい、もはや元には戻れません。
実際はテレワークだからと言って時間外労働がないかというとそこまで話は単純ではないでしょうが、大体は推して知るべしな実態のはず。申請しないか申請が通らないか、どうせ通らないから申請しないかという負のスパイラル。
これにより何が起こるかっちゅーと、当たり前ですが所得が減ります。
所得が減るので消費が減ります。ただでさえコロナ禍で落ち込んでいるところに消費が減るのであとは負のスパイラル。

しかし一方で富裕層はこの状況下でも資産が増えているそうです。まあ彼らは何しろ不労所得が大きいですからねえ。

June 11, 2020

絶対数だけじゃ意味がない

コロナ感染者のTV報道でいまだに改善が認められないのでイラッとするのだが、今日の感染者は何人でしたという絶対値だけを報道するやり方な。
少なくとも検査数を同時に報道しろという事で、例えば10人の感染が判明したとして10/100と10/10000では意味合いが全く異なるじゃないですか。
これはまず報道側が悪い。データが来ていて報道しないならただのバカだし、データが来ていないなら分母を出せと迫るべき。
検査の分母を増やしますと政府は言ってんだから、そこのエビデンスとしても報道しないのはどうかしている。
意味のある客観報道というものを心して欲しいものである。

June 08, 2020

ZOOM

テレワークが浸透して会議もオンラインとかになってるわけですよ。
で、ツールとしてZOOMとかTEAMSとかなんやかんやあるわけですが、先週株価が急上昇したのがZOOM
いや、これ違うってば。手ごろな価格でイカにも!な感じのエフェクターなどでその昔は私も割と愛用していた(今も持ってるけど)音響機器メーカです。
どう考えてもZOOM違いで買われたようでして、IRニュースにはひっそりと注意書き(自覚している風なのが可笑しい)なんかがありますが、報道は地味〜な感じ?
面白い…ってんで済ませていいのだろうか。

ちなみに企業としては上場はつい最近のようですが我が国のZOOMの方が老舗でございますので。

 

June 07, 2020

ちょっと続き

科学的知見に関しては、オリンピックはこのままだとおそらく来年の開催は困難が予想されるというのは以前も書いた通り。これもまあワクチンが短期で完成するという根拠なき言説で一年延期としてしまった総理の科学的知見の無さが故。大方の見方もそうだがよほどの僥倖に恵まれれば別だけど、賭けとしてはあきらかに部が悪い。
二年延期とした場合、自身の任期終わってるから任期中にレガシーとして開催したかったんでしょうが、ここでも浅薄さが出ていると思うのよ。
費用その他の諸問題はひとまずおくとして、感染症を理由とした開催可能性という意味では二年延期の方が無難だったはず。冬季と同年開催になるが、元々そうだったんだし座りは悪くない。
でも正直任期中にやりてえなあって思ってしまったんでしょうねえ。結果的に来年に延期した事でかえって中止の可能性が高くなってしまったわけですな。任期中に延期からの中止となれば完全に負のレガシー化ですよ。
だったら任期は終わっていても、開催された方がマシなわけじゃないですか。二年延期が功を奏したとかテキトークを枕に呑気な立場でゲストに呼ばれたかも知れないしさ。中止されたってダメージ少ないし。
開催を第一とするならば、一年延期は悪手でしかなかったよな。

June 06, 2020

民度(笑)

財務相の語彙力に問題があるのはいまにはじまったことじゃないから、これもまあ我々にとってはある意味正常運転。また訳のわからない事言い始めたぐらいの事、というのもドイヒーな事実ではあります。
こういう方達がなんの咎めもなく中枢に居座ってんだから、民度が低いのか。いや寛容の精神に溢れているという事で高いのか。
どっちにしてもとにかく総理もそうだが科学的知見というか思考法が欠落しているのが決定的に怖いです。百歩譲って民度が高いからだとしても、その根拠を説明しないと感染症対策としては意味がない。神風が吹いたってえのと変わらんぜ。
あえて揚げ足とるとですな「政府はなんもしてないのですが、国民の皆様の善意によって被害状況が低く抑えられておるのであります」というのと同義と思われ。
要は政策の無能を誇っているようなものかと。

June 03, 2020

選挙に立て、は無理だ

個人の意見は様々で、それこそ自由でございますからマスクを仏壇に祀ろうがなんだろうがそれもまた自由。にしても一見するとどうかしてると思うような意見も、実は遠回しに皮肉なんじゃないか?みたいに考えられなくもなかったりするもんで、なかなか解釈が難しいよなあ(でも一次ソースに当たると皮肉ではなさそうだけど)。
お国がここまでしてくれるんだよ、みたいに感謝感激雨あられってな向きは給付金なんてもったいなくて受け取れません、てなるのか?なるよな?なんて。

文句があるなら選挙に立てというのもある意味正論ではあるが、これ言い出すと極論すぎてね。そもそも一般人には事実上無理難題。だって国会の場合、供託金だけで300万だぜ?落ちたらほぼ没収だし。そんなもんホイホイ用意できるわけねーですよ。
なので立候補者にはありがたく投票させてもらうが、だからと言って当選者に白紙委任するのもまたおかしな話でして、馬鹿なことはじめたら馬鹿なことはやめろ!というのは当然じゃないのかしらん?

しかし給付金の申請書類にわざわざ不要オプションがあるのって謎よねえ。ま、自分の分は要らないが、子供の分は要る、とかいう選択肢があるっていう「親切設計」ではあるか。でも、ちょっと心配なオプションではある。しかもチェック必須とか書かれると。
なんで最高裁信任投票のノーチェックは信任扱いなのに、給付金はチェック必須なんだよ。ノーチェックは給付希望扱いにしてくれよ。

 

June 02, 2020

東京アラート

給付金の案内が来た今日この頃。
ただ警告をだすだけ、というのにどれだけ意味があるのか分かりませんが、自粛解除と共に当然のごとく感染者が増加傾向。第二波到来か?っていやいやそもそも第一波も収まってないんじゃないのかね。
人が市中に溢れりゃそれに合わせてまた感染者が増えただけで、ウィルスが消えてなくなったわけでもなんでもないのが現実。ましてや世界でも有数の大都市東京ですぜ。

再度の自粛要請は出せるのか、出せないのか。
それとも開き直ってこのまま首都圏内移動解除まで突っ走るのか。

都知事選はどうなるのか(ちょっと気が早い?)。

June 01, 2020

医療と経営

病院が潰れるなんてもう20年は前から言われていたような気がするが、今回の騒動で今更ながらクローズアップされとる感もある。
病院は公立もあるけど、民間も多い。ここが警察や消防と違うところだが、一方でその性質はある程度公益性を内包している。ここが資本主義とは食い合わせが悪い点だ。医は仁術ではなく算術と揶揄される点である。

そもそも警察も消防もヒマな方が本質的には社会は平和。その意味では医療機関もそうと言える。だが無駄を削ぎ落とす効率的な運営という目標の前にはヒマはよしとされない。
病床はなるべく埋めておく方がいいが一方で長期入院は推奨されず回転率を上げることも求められる。ファーストフードやってんじゃねえぞ!みたいな話だが、それが実態。

んで今回のような事態に陥ると、今まで来ていた患者は激減するので収入も減る。一方で新たな投資をせざるを得ず。しかも収束後にその投資が回収できるかどうかも不明なのに社会的要求によって経営上は自己責任で投資だぜ。
投資が増えて収入が減るから職員への報酬も減る。世の中からは「なんとなく」感謝されても、収入減るわ危険(元々ある程度そうだが)だわ隣人からは忌避されるわじゃあやる気も無くすので離職者も出るわで悪循環そのもの。
こりゃあ航空機編隊飛ばしたって解決しません。

報酬だけが全てではないけど、まともな報酬も維持できなくなるのはいかがなものか。ついでに言えば、医師、看護師に対する補償みたいな話はよくでますが、素人はこれだから困る。病院にはそれ以外の職種も大勢います。皆が皆患者に頻繁に接触するわけではないが、それを言ったら医師・看護師も配置によりけり。医療機関という場に勤務せざるを得ない人全体に目を向けて欲しいもんだ。
ついでにほんの少しで良いので出入り業者にも…

« May 2020 | Main | July 2020 »