« 当然の帰結 | Main | 都知事選を前に »

June 28, 2020

ランボー ラスト・ブラッド RAMBO: LAST BLOOD

映画館が営業再開になったこともあり、そういうことならと早速の一本。
前作が2008年だったので、すでに10年以上前。なんかついこの前みたいに思えるのが嫌ねえ。歳取ると時間経過が早いのなんの。
前作はなんちゅうかランボーのフォーマットを借りた一大残酷絵巻でして、しかしながらそこがある意味画期的でもあり、ヒロイズムをいわば相対化して見せた一作。

で、その前作のラスト、いい感じに終幕を迎えてそれを引き継いだ前半は、ランボーらしからぬ平和な一コマ。冒頭のエピソードはなんか浮いてる感じもあったけど、本国版ではカットだとか。確かになくても話は成立するもんな。

おそらく最終作の今作(FISRT BLOODに対する対比としても)だが、実になんというかひたすら哀しい話。皆不幸で鬱であります。
特に主人公たるランボーの哀しいことと言ったらありません。
今回もランボー自身は何も悪くないけど、育ての親の言うこと聞かない娘っ子は半ば自業自得…にしても不幸すぎるけど。結果ランボーも不幸。まあ脚本はスタローン自らも手掛けてんだけど。
全てはクライマックス戦に持ち込むが故なのは明白とは言えストーリーテリング的にはいくつか?な部分はあるのもちと作品としては弱いか。
で、そのクライマックス戦だが、所詮メキシコマフィア程度では最強ワンマンアーミーが手ぐすね引いて待っているホームゲームでは勝負になるわけもなく、ひたすら蹂躙されるがまま。完全にスプラッターホラー状態。殺人鬼ランボーのワンサイドゲーム。今回もR15ということで、そこは覚悟して観に行ったけれどもそこはビンゴでした。

で、何が怖いって平和な冒頭からランボーの不穏ぶりですよ。何があるでもないのに住居の敷地内に地下道を張り巡らして、普段はそこで過ごしてるという病みっぷり。
最終的にそこにトラップを偏執的に仕掛けて迎え撃つ段取りなんて、用意周到ぶりが復讐という感情を超えてヤバすぎて、感情移入し難いもんね。

最近アマゾンプライムでラストスタンドとかボーダーライン観たばかりなので、メキシコやベーみたいになちゃうのは仕方ないが、それも故か非難もあるみたいです。実際のところどうなんですかねえ。

 

« 当然の帰結 | Main | 都知事選を前に »

映画・テレビ」カテゴリの記事