« June 2020 | Main

July 2020

July 26, 2020

トップ引きこもり

すっかり姿が見えなくなって首相動静以外じゃ、いるんだかいないんだかさっぱりわからないトップ。
まあなんちゅーか元々その器でも無いのに(むしろそれ故に?)、なんでか知らんが祭り上げられてその座についてしまっただけと言うのがそもそもお互い悲劇の始まりだ。
自ら身を引くと言う選択肢もあるよ。ほら、一回やってるし。みんな許してくれるよ、辞めると言う事実だけは。
他の案件は知らんが。

July 23, 2020

馬鹿の極み

何も対策ないままGo To始めてしまい、やるとなりゃ乗っかる人間もいるのはやむを得ない。
と言うわけで始めたその日に東京は余裕の300人超え、むしろ400人弱と言うべきか。絶対数にさほど意味があるとは思っていないがそれでも今日から二週間後あるいは1ヶ月後にどうなってしまうのか。どう考えても東京のみならず各地で強烈な事になるのでは。
少なくとも減る要素は何一つないので、当然の帰結が待っているはず。

ここまでくると無能を超えて狂っているとしか思えません。二流とか三流とか言うレベルではなく完全に頭がオカシイ。政権与党が国民皆殺しに舵を切ったと。ある意味テロ教唆でしょこれ。

修学旅行がGo To対象かとか些末な話はどうでもいいから目の前の現実が見えないのかね。

ウィルス蔓延は途中までは災害だったが、今この時点では我が国においては完全に国家による人災に変質したのではないか。国民に牙を向いたと言う意味で史上最悪。ここまで国民に愛が無いってあり得るのかね。

累計10000

東京都の感染者数が累計10000を突破した。
まあ増える要素しか無いんだからいつかはそうなるのは必定ではある。
が、なんかもうヤケクソでついに超えたかー!みたいな感覚ないっすか。
めでたくもなんともないけども。

ついでに言うと東京の感染状況は既に最大でレベル4「感染が拡大していると思われる」なんだが、これも甘い話でこの上が必要な気がしてしょうがない。
だって言うなればこの程度でMAXなの?て。
本当に絶望的状況まで予測して、そこに至ってはいけないレベルを設定しないと深刻さが伝わらないような気がするよ。
レベルX「感染が拡大してしまいました」とか「医療崩壊してしまいました」とかよ。

July 22, 2020

STOP THE GO TO

安定の安倍一強になる前は決められない政府と言ってうんざりしていたはずなのに、何でもかんでも強行で決められてみれば、決めたことは何がなんでも止められないのに呆れ果てるという。まあ国民も大概我がままなものだけど。
決めることができるなら実は止めることも重要だ。
撤退戦略というのが昔から大の苦手な我が国ですから、進める一方で退く戦略も練っておかねばなりません。
あらゆる災厄を想定するのは無理なので災厄前に決めたことに関してはまあ多めに見るとしても、この災厄下で決めたことならそれでいいはずがないのよ。

 

 

July 21, 2020

2:6:2と巨災対

この問題が表に出てきた頃(3月初頭)にこりゃ今こそ巨災対が必要だ、と書いたものだが。
まあそういう意味でもシンゴジラはよく出来てたなと。

いわゆる2:6:2の法則ですが、こういう風にも解釈できないかね。平時においては優秀?かどうかはさておき幅を利かせている奴が、有事だとてんで使い物にならない(Go Toなんちゃらの混乱一つとってもな)なんてまあ想像するだにたやすいが、そういうときに上下の2を入れ替えてみたら有事向けのチームが意外と機能するんじゃないかしらん。
まあ巨災対はそこまで冷飯喰ってる感じでもないか。

今実際の現実はそういうチームが作られているとはとても思えないが、これもまあトップがそういう判断してこそだからなあ。
責任は取るから自由にやれって言ってくれないとね。責任はあるけど取らないのがデフォじゃあお話になりません。

 

July 19, 2020

いざ実際の有事には打つ手無し

現総理も都知事もどっちかつーと国防に関しては右派寄りだと思ってましたがね。
要は今まで散々勇ましげな発言が多かったように記憶している。
何せ都知事は二代目にして初の女性防衛相だ。
それだけ見識があるはずだが、まあ今の体たらくはなんだという話で。国防という概念はどうなっとんだと。平時に勇ましいこと言ってりゃいいならとんだ平和ボケでお花畑かと。鉄砲打つだけが国防じゃ無いぞ。自粛生活の成果か一旦は感染者が少なく見えたその時期に、療養用のホテルが契約切れで感染者の急増に支障が出てくるとかどんだけ見込みが甘いんですか。
まあ結局のところ権力名誉好きの右派ゴッコでしかないのよ。せめてノブレスオブリージュの概念ぐらいは肝に命じていてほしい。
まあ今も私権制限に法改正が必要だとか宣ってはいるけれど、あのな、今あるリソースでとことんやってから言えよそういう御託は。法律がないから何もできない風にてめえの覚悟の無さを法律のせいにして、問題を先送りしようとするんじゃない。どうせ法律があろうがなかろうが同じだろう。

話は飛ぶが食料自給率は国防の要なのは諸外国じゃ当然なんだが、札束で食糧持ってこれる時代は終わるかもしれん時に農業の未来はどうなっとんのとか。そもそもその札束もいつまで持つかな。
先進国で所得が上がって無いのは日本ぐらい。逆に言えばすでに先進国では無いともいえるが。

July 18, 2020

現状復旧

長いこと無理くり延命させていたiMacがお陀仏となり止むを得ず買い替え。
なのでこの間にもいろいろ思うところはあったにせよ、何も書けず。ようやく昨日届いたので環境復旧。日頃からバックアップは取っているので現状復旧は楽であります。システム以外のデータは内蔵しておかない方が早いな。

ところでGo To ナントカ なんて天下の愚策を進めているあたりまさに旧大日本帝国の頃から本質的に何も変わっていないことが露呈した我が国だ。
一旦決めたスケジュールは、状況の変化に関わらず臨機応変で対応するということができない硬直化組織そのもの。まあ政府と言わず民間も概ねそうだけどな。そんな中07/16に東大先端科学技術研究センターの児玉龍人名誉教授が今まで最も説得力のある話を国会で熱弁していたのを見た。

熱弁による指摘は様々な点で一々膝を打つものだった。例えば一般的な医療では受益者(つまり患者)から医療費をいただくというのが基本だが、こと今回のような事態ではそれは無理というもので、だからこそ看護師のボーナスが出せない問題などが起きるのである。要は保健診療の枠内で対応なんかできるわけ無いんで、こういうところにこそ予備費を突っ込むべきなのよ。

がしかし、野党推薦の参考人ということもあり政権側では無視されそうな模様。権力ゲームやってる場合かと。国家体制に問題は多々あるが、中国の対策が結果としてなんだかんだ制御できているのは事実として参考にせざるをまい。
もう一つ事実として日本モデルの成功はなかったという事だな。当初から戯言としか思えなかったが、日本モデルなんてものは終始無かったし、あったとすれば失敗モデルでしかなく。しかし発言した当の本人はもはや発言した事実すら健忘しているのはなかろうか。

終わっとるなあ。

すでにハイリスクとは言わんまでもミドルリスクグループぐらいには入っている小生なども自分がかかってもやばいが、親に無症状のまま感染させたりする可能性考えると越境しないとはいえうっかり盆暮れに実家に変えることも躊躇するわな。

July 06, 2020

現状追認

予想通りすぎて面白くも何ともない結果になった都知事選。とりあえず変えてみようと思う人はやっぱりあんまり多くない。よほどのことがないと人は現状追認に流れるのだ。
いや、震災の時も思ったけど、これ以上の「よほど」ってどれだけやねん。
東京版CDC作るとかまたテキトークしてさあ。おそらく何もしないと思います。
もっとも公約とかほとんどの人は気にしてないからなあ…

感染者3桁はもうこのまましばらくキープされるような勢いですが、一方で検査数は着実に増えているので陽性率自体は春先よりははるかに低くなっているようであります。
春先は検査数を絞っていたため、かなり疑わしい患者に限って検査していたはずなので「真の」陽性率はあまり変わっていないかもしれませんが。
陽性率が下がろうが上がろうが病床が埋まるのは絶対数によってなので、医療資源の充足率はどうなのか気になるところです。

July 05, 2020

都知事選当日ですが

築地も豊洲もどうなった?てなもんでキャッチフレーズを作るのはうまいが、結局施策となるとさっぱりだった都知事。
今回の対コロナで言えば、どうにも場当たり的で結局のところ、総理と同じで科学的知見というところに極めて弱いんだなあと。なんか忖度してくれると思ってしまったんですかねえ。しつこいけどウィルスは忖度する意思も何もありません。
結局パワーゲームには長けてるけど、それしかないんだよな。パワーゲームに長けてるからと言って危機管理に長けてるとは限らない。むしろヤマ師みたいなもんで科学とは食い合わせが悪いとも言える。

残念ながら我が国の高温多湿もあまり影響ないみたいで、ますます厄介さを滲ませてますが。このところの感染者数爆上げに流石にビビったか、他県への移動自粛を言い出したようです。
しかしながら仕事であれば不要不急とは言えんだろうし都内の移動自粛は無いので、正直これだけではあまり効果無いような気はします。
他県から見れば来るんじゃねーよ、という感情論は理解できますが都民は浦安を自粛できるんでしょうかね?

July 04, 2020

都のモデルって(絶句)

欧米諸国に比べれば、まだまだ全然少ない数とは言え理論上はあっという間に増殖する。
なので対応は一歩も二歩も先手を打たねば崩壊。そんなことすらわかってんのかどうかが著しく不安な国と都(のトップ)。
治療法があるわけではないから、打てる手としては感染者を見つけ出し療養させるしかない。名指しされた池袋について豊島区が積極的に検査をする方針を打ち出したら、そこに便乗するかのように東京都のモデルケースとしてみたいなこと抜かしてンだが、お前何にもしてなかったのかよ!と思わざるを得ないんだが。
豊島区、新宿区あたりで率先して検査強化してたんじゃないの?

自粛期間中に多少医療リソースに余裕が出た時に当然やっておくべき施策ではなかったんかい。
しかしそれでも明日の都知事選ではおそらく再選(おそらく圧勝)してしまうんだろうかと。まあ絶望的ですわ。

July 02, 2020

突然だが当然の3桁

真っ昼間に速報値で感染者数100人越えの東京。
積極的検査の帰結ということだが、この内訳の詳細がわからない。積極的というにはほとんどが自覚症状なしということなのだろうか。
それでも隔離は必須となれば、病床数が気になるところではある。

指数関数的に増殖するわけで来週以降の数値は気になるところだが、いずれ二度目の自粛要請はなんらかの形で出さざるを得なくなるのではなかろうか。
特定地域だけ一週間とかさ。
もはや東京への移動不許可みたいな逆ロックダウンなんてのも現実味がなくもない。

« June 2020 | Main