音楽

April 17, 2017

Yes featuring ARW

今再びの YES南北朝時代というのは前にも書いた通り。
んでいわゆるYESが本家YESとするならば、こっちゃ元祖YESとでも言えば良いのか。
YES featuring Anderson, Rabin & Wakemanてなもんで、YESなの?そうでないの?みたいなね。
とは言えVoice of YesことJon Andersonがいる強みはあるのであった。本家が大黒柱のSquire亡き今、面子的にもARWの方が役者が揃ってしまっている感は強かったりなんかして。
まあ良いんだけど。

ところで事前情報の感じからして肝心のセットリストはほぼUNIONツアーの踏襲に近いと言うことで、ここは本家よりも新鮮味は無いなぁとは思っていたのだな。我ながらしつこいがTalk with Wakemanをやってくれれば狂喜乱舞ではあったけれども、蓋を開けてみりゃ結局無難なセットリスト。
Unionツアーはさんざん見聞きしている身にしてみれば26年!(マジか〜)ぶりとは言え、もう少し攻めたセットリストが欲しかったところ。
ただUnionツアーではなんだかんだTony Kayeの出番もあったのに比べるとKeyはWakeman単独と言うことでやっぱり外連味の強いピロピロ手癖キーボードでデコレーションされるのが目立った結果、Rabin + Wakemanという珍味はそこそこシミュレーションされたようには思う。やっぱり面白かった。

Andersonが思った以上に元気なのも良かったですよ。一部?キーは下げてたように思いますが。
それ以上にRabinのヴォーカルの衰えの方がちょいと驚きでしたがね。声と音程共に。

ただし会場は最後のアレ(Wakeman&Rabinの会場練り歩き)で大盛り上がりになりましたんで、そりゃ盛り上がるでしょって話でねえ。
なんだかんだ、満足はして帰って来たわけだけど。
あー、でも何故だかWakemanのソロコーナー無かったのはやっぱり残念。

どうにも再びの再合流も無くは無い…のかな?
全てはド天然のAnderson次第か。

そんな日にAllan Holdsworthの訃報も飛び込んで来たりなんかして。
そろそろ総じてそういう時期なんでしょうけどねえ。

March 05, 2017

渡辺宙明スペシャルコンサート

卒寿記念の3回シリーズは終了したものの、3/4に渡辺宙明スペシャルコンサートと銘打って、新たなライブが開催されたのであった。
演奏は渡辺宙明スペシャルブラスとなっていたので、弦無しかーとか思ってたんですがまあ一応チケは押さえたんですな。
その後キーボードが参加する(どーゆー繋がりかKeyboard Magazine読者にはお馴染み篠田元一ってのに驚き)ということが判明し、これなら弦無しでもOKかも(というか普通にビッグバンド編成だよな)なんて思いつつ。
しかも主席Tpにエリック・ミヤシロ(過去にはJerry Goldsmithコンサでも参加してましたな)とかなかなかのもんですよ。主席Tbの中川英二郎さんも知る人ぞ知るトッププレイヤーだそうで。

そんなこんなで当日を迎えてみれば、ゲストに永井のGoセンセイなんかも来てたり(トークは特に無し)ということでマジンガーを中心にゴレンジャーとかキカイダーとか70年代前半のジャズロックテイストが選曲されたのは当然なのであった。
歌のゲストについにささきいさおか?とか勝手に想像してたけど、今回は誰も来ませんでした。ゴレンジャーだとミッチも呼ばんとならんしな。

指揮もいましたけど基本的には卒寿シリーズに比べてオケノリよりはバンドノリ強めでドラム含めたリズム隊も多分今までより演奏の自由度と音大きめ、ツインキーボードによって弦やオルガンも補完と演奏的には今回がベストという結果に。
先行販売のVol.3のCDも入手したけど、ミックスがライブな点を差し引いてもやっぱりノリが大人し過ぎると思うんですよ。
もちろん生で聴けたという価値の方が大きいのはあるんですけどね。
ちなみにクッシーが盛大にトチった為か権利関係か知りませんが本人歌唱コーナーは全てカット。まあ会場限定の特典ということで(笑)。

駄菓子菓子(なんだこの変換)。
いや、だがしかしキカイダーのアクションテーマと主題歌アレンジはこの編成を持ってしてもオリジナルのギターソロは再現されずで不満が残る出来。
必ずしもフレーズを完コピしろとは言わないが、テイストな。テイストが欲しいのよ。この辺は世代的にもドンピシャでは無さそうなプレイヤーという点に問題があるのかも。
アクションテーマは今回はジャズロック編成を意識して一応ソロ回し的な展開もあったんですけど、ここでトワンギーな味を出さんところがなあ。
主題歌はカッティングの後ろでひたすら弾きまくってる謎のギターソロがあれば会場の87%以上は狂喜したろうにねぇ。編成上ツインギターなのに!だよ。

キカイダーは脳内に染み付いてるもんであれですが、他は馴染みのある無しはあれど代打指揮者の徳永洋明さんのノリも含めて良かったですよ。
選曲はまあ言いだしたらキリが無いし。

またやりますんでという発言を信じるならば、このバンドノリを生かしつつ生弦足して欲しいわー。主題歌の傑作アレンジたるイクサーロボの他、ある意味宙明サウンドカタログと化してるイクサー1とか期待しつつ。

しかしなんだな、こうなるともう一人の重鎮、菊池俊輔のコンサは無いもんかね。
これまたカタログが膨大すぎるのと、メロオケばかりというのも芸が無さそうなところで構成が難しそうだが。ライダーで絞るのも手だが、どうせやるならGメンは聴きたいし、将軍様も捨てがたいとかさー。

November 23, 2016

YES 2016 ジャパンツアー

唯一一度も脱退しなかった創設時メンバーにして文字通りの大黒柱だったChris Squireが逝去して残ったメンバーはといえばなんと創設時メンバーは誰もいないという状態になったYESが二年ぶりに来日。

DrのAlan Whiteも腰の手術だとかで直前まで来日が危ぶまれたとはいえ、なんだかんだSteve Howe爺がいれば良いのさという事で初日に参戦。

実際んところ冒頭が Machine Messiah と言うだけで DRAMA 好きの小生は元取った気分。
ここからDRAMA三連発というDRAMA推しは全くもって正しい選択。
なぜなら実は今再びのYES南北朝時代でもあって、Anderson, Rabin & Wakemanというプロジェクトが来日も決まって進行中。だけどそっちは絶対DRAMAやりませんから。

ところでAlan Whiteが日本ツアーから復帰とアナウンスされていたものの、始まってみればブースに座ってんのは出戻りメンバーにして二代目ベーシストを務めるBilly Sherwoodの繋がりからJay Schellenだったり。でもここ最近のAlanより音もパワフルでいいんですけどね。
今回のツアーの目玉はあの海洋地形学からのナンバーを取り上げるということだったが、二部構成ということで後半だろうなという予想通り、前半はYESSONGSからのセレクト…ってそれ普通の選曲じゃないのか?という話だが。
ちなみにBilly Sherwoodは長いことChrisの相棒を務めていただけあって、芸風もなんとなく継承していてなんだか伝統芸能みたいでしたねえ。

で、第一部終了とともに20分の休憩を挟んでいよいよある意味YES史上最大の問題作とも言える海洋地形学から、「神の啓示」と「儀式」さらに結果的にわかったことだが、「古代文明」からも後半部分をHowe爺のソロコーナーも兼ねてみたいな位置付けでやりまして、結局この超大作の半分以上が披露されたわけです。
まあ中には「海洋」こそ至高みたいな人もいるような気がしないでもないが。という小生も別に嫌いじゃないけどね、実際久しぶりに聴いてみるとやっぱり、駄作ではないけど冗長かつ散漫な印象は否めませんな。
最新アルバムのHeaven & Earthが異様に地味なイメージだったけど、「海洋」と思えばぜんぜん聴けるかもなあなんて思ってたりなんかして。
まあとにもかくにも「海洋」のナンバーをライブで聴けたという事実が大切ですよね。
ちなみに第二部の途中からDrがAlan Whiteに交代したのでした。

アンコールはRoundaboutとStarship Trooperということで、個人的には初めてOwner of a ~ 無しのYESライブでした。今のメンツじゃ無くて良いと思ってたのでこれで良いのだ。

ところで会場じゃ早速ARWの来日チラシが配布されてまして、なんだかんだチケは既に抑えてしまいましたけれども。今回と同じく土日じゃないのが不安材料。
噂によるとUNIONツアーぽい選曲だそうで、どうせならWakeman入りで幻のラインアップとしてTALKツアーに寄せてくれないかなという願望。

Wakemanのアクの強いキーボードがあればTALKがもっと良くなってたと思うのを証明して欲しいんだよなあ。Endless Dreamとかさあ。

May 15, 2016

渡辺宙明卒寿コンサVol.3

1月のDavid Bowieにはじまって、先日は冨田勲と今年ほど音楽関係の大物が亡くなる年はないなと思わざるを得ないわけだが…と言う書き出しもあれですが、今日は渡辺宙明卒寿コンのVol.3にしてファイナルなのであった。

今回は比較的最近の作品が中心と言うことあり、どうしようかとも思ったけど、いまさら三部作の完結編だけスルーもあれだし。

プレトークのゲストは大葉健二と渡洋史。もう一人は宇宙で任務中のため残念ながら欠席だ。
大葉健二さんはトークが苦手なのか、音楽詳しく無いからなのか言葉少なめ。すっかりあたまは白くなってました。
一方の渡洋史さんは宙明ミュージックの原点はマジンガーにキカイダー、さらには17と淀みなく出てきて、この人さてはフツーに好きな人ですね。
ちなみに生蒸着と生赤射披露を最後に。

本編はと言うと、午前中にジム行ったのが効いてしまい、ジバン組曲は少々気を失ってしまいましたが、シャリバン、シャイダー、ゴーダンナーの各組曲で何度もレーザーブレード変奏を堪能。
シャリバンあたりがオケ、指揮ももツボをつかんだか練度が上がって一番ノってたかな。後半は特に金管隊が少々息切れしてた風だったもんで(無理も無いか)。

歌のゲストはアニキとクッシーとミッチ女史。クッシーはシャリバンエンディングで思いきりトチってましたがあまり歌う機会なさそうとは言え、音源化で修正されるのか注目であります。

さて堀江美都子だが、なにを歌ったかといえば、野球狂の詩…ではなくなんとサザエさんであります。
言うまでもなく、筒美京平版が有名だが、実は火曜再放送版は渡辺宙明だったのだな。ン10年ぶりに聞いたような気もするが、あったわーみたいな。
んでまあ声の出てることと言ったら、三人の中では正直ダントツ。このなかじゃまだ若いもんね。

最後の合唱コーナーはゴレンジャー(今回花輪は来てたけど、結局出演は叶わずなささきいさおの持ち歌ですね)とシャリバン。

だが演奏の白眉はやっぱり不思議ソング(男女混合コーラス隊付き)でしたかね。生でこれって二度となさそうだが、今聴くと実にプログレッシブな異色作でした。

あとは物販でVol.2のライブを先行発売してたもんで入手。
権利関係か、本人歌唱は成田賢以外は収録されず。おかげで?1枚組でした。

そういえば成田賢氏も今日の会場に来てたな(普通に自腹か?)。

March 13, 2016

巨星逝く

そろそろそう言う時期なんでしょうか。
そりゃもうロックンローラーも皆いい歳ですからね。
事情は様々なれど、〜〜マガジンとか毎号に訃報欄があってもおかしくないのかも。
という訳で不世出のキーボーディスト、我がヒーローのKeith Emersonが逝ってしまった。

そう言えばKing Crimsonの来日公演時で来日予定のチラシをもらっていたのだった。
それが来月の事だったのだが、実はチケットはおさえていなかったのだな。

確かGreg Lakeとのデュオ公演もキャンセルになっていたはずで、それもまたチケットはおさえてなかったのだが、そうなると結局2008年のライブが日本ではラストだったのか。

合掌。

March 05, 2016

渡辺宙明卒寿コンサVol.2

昨年の夏に続いて第二弾。事前予告じゃキカイダーにイナズマンといったラインナップだったので、オーケストラって感じではないがと思いながらそれはそれでと思いつつ行ってきましたよ。
結局今回はブラスオーケストラと銘打っての弦無し構成。第一回の「大鉄人17」みたいな構成で全篇という趣向。ターゲット絞ってきたなあって感じはしたが、それはそれで。
実際見てみれば4リズム+ブラス隊+αでして言ってしまえばブラスロック編成。しかしあくまでもオーケストラなのでエレキ隊とDr.がラフな格好なのを別とすると皆正装だし、指揮者もいるのでなんだか風変わりな体裁ではありましたなあ。

コンサートの前には渡辺宙明、伴大介、ムトウユージ(どういうつながりが知らんがクレしんの監督だそうな)のプレトークもあり。
演奏ラインナップはギャバン主題歌セルフアレンジから始まって
デンジマン組曲
キカイダー組曲
イナズマン組曲
ゴーグルファイブ組曲
ゲッターロボ號組曲
といったところ。

さすがにゲッターまでくると全く馴染みはないが、このラインナップの中ではアレンジが明らかに違ってきているのが面白い。
で、今回の目玉と勝手に思っていたキカイダーだが、個人的には有名なアクション曲のトワンギーなギターソロをもっとフィーチャーして欲しかったかなぁ。ギターソロの手前でアレンジ終わってたよな…
主題歌のメロオケもオリジナルに入っている謎の弾きまくりギター(オリジナルだとこのギターがミキシング低めなのが色んな意味でまたオカシイのだが)をカマして欲しかったよ。
ま、あくまでもオーケストラなのでDrも叩きまくりとかいうことなくアンサンブルに徹していたのが、今回みたいなブラスロック編成では少々物足りなくあったか。
あと何カ所か肝心のところでTpが音外してたのもね。CD化で修正するのかね。
まあ贅沢申せばって話だけども。

ところで二回目にして既に恒例となっている(笑)合唱アンコールだが今回どえらいことになってしまいました。
いやあ何なんスかね。前回と違って花を送ってきてたのが目立つところで堀江美都子だけだったのが伏線だったというね。
成田賢だけは事前告知があったので予想の範囲だったけど、配られてた歌詞カードにはデンジマン、ゴーグルV、ギャバン、ゲッター、ハカイダー、キカイダーと載ってて今回一回公演なのにどういうつもりなんだ?と正直思ってましたよ。そしたらまさかのオリジナルシンガー勢ぞろいで1コーラスづつ大合唱というね(兄貴は2曲)。んで故秀夕木氏のキカイダーはラストにオーディエンスのみという趣向で。これ子門真人も引退してなきゃ呼んだな。
ちなみに夏の公演の時は皆さん関西でスケジュールがあったそうで、誰も来れなかったんだとか(笑)。

物販では前回のライブ盤が先行販売されてましてゲットしてきたよ。
実は「Zのテーマ」で地味にミョンミョン言ってましたなー。

さてVol.3はどうする。次回は確実に弦が戻ってくるはずだが面白いのは確かなので馴染みなくとも行っちゃいますかねえ。

December 07, 2015

KING CRIMSON 2015 12/07 初日

Fripp引退宣言によって、その歴史に幕を閉じたかと思いましたが、なぜだかカムバック。およそ12年ぶりの来日公演であります。ところはオーチャードホールなんて格式高ーい感じ。開演前のBGMは多分サウンドスケープ。

裏King Crimsonとして活動していた21馬鹿バンドのメンバーJakko JacszykとMel Collinsを表に取り込んで発表したKing Crimson Projekctからの発展と思っていいんだろうが、Bill Rieflinも新たに加えたトリプルドラムで過去最大人数の7人体制。ステージではドラムセットが3セット最前列に並ぶというね。ちなみにRieflinは要所でキーボードも兼任してました。

事前に発表されたLive At The Orpheumは聴いていたけれどもあとはあえて情報を特に得ていなかったので、1曲目は何でくるかと思っていたら、まさかの戦慄Part1。これはかなりつかみはOKって感じでしたかね。

続いてのPictures of a CityはともかくEpitaphまで来ると21馬鹿バンドでやってるもんで勿論こっちが本家っちゃその通りだが、Jakkoのヴォーカルだもんで何が何やら感も正直ありましたぞ。
特にほぼ弾き語りのPeaceとかはやる意味あるんかなーとか思ったり。一部を除き頑なに過去作を封印してきたFrippがどういう心境の変化か。つーかFripp翁の影薄いのが気になるったらありゃしません。これが老境というものなんでしょうか。

今回初めて見た人はこれがKing Crimsonかと思うのかもしれませんが、昔はこんなにサーヴィスしてないんですから!

どうにも自分の中で21馬鹿バンドとの折り合いをつけるのが意外と難しかったのは意外っちゃ意外。
戦慄1&2とかはその後のメタルクリムゾンとも相性良いんで良かったんですが、初期作の叙情路線は何かコピーバンドみたいでなぁ。そりゃStarlessの単音リフをFrippのギターで聴けたんだから感慨はあるけんども。

本編をそのStarlessで締めて、アンコールに宮殿が始まった時点で、今回も21馬鹿は無しか…と半ば諦めたんだが、Mel Collinsがフルートからサックスに持ち替えたと同時にあのノイズが流れまして、小生知る限りでは本邦初解禁の本家名義による21馬鹿。

まあ客観的に言えばこれで文句つけるのはおかしいとは思うんだけど、トリプルドラムも新曲の現役感も良かったしさ。しかし一方で懐メロバンドには決してならなかったのが今まで見てきた本家な訳で正直違和感はある。
まあ表と裏が合体したようなもんだから、それもまた宜なるかなということで。

あとTony Levinがほぼ素直にBass弾いてたのは珍しいかと。Stickはほとんど出してなかったような。

ちなみに本編終了後にTony Levinがカメラを持ち出した時だけは写真撮影OKだったのですが、アンコール始まっても撮影するのは本当にやめた方がいいと思います。偏屈Frippが機嫌損ねて演奏中止になるかとヒヤヒヤしましたよ。今日は大人の対応でやってくれたけど、マジで常にそうとは限らないよ、翁は。まあ小生はもう行かない(行けない)から良いんだけど。

October 25, 2015

Apple Music その後

Apple Musicその後っつーかGoogleさんも同様のサービス展開してきましてね。
今なら月額780円でどうですお客さん?てな感じですから、まあ試してみましたよ。
何しろAppleがなかなか曲数限度を増やしてくれない中、Googleは上限50000曲できましたんで、これならばと。
んで、大量アップロードでプロバイダからやり過ぎ警告を受けたりしつつ試してみたんですが、曲はそれなりにあるんで(中にはApple Musicにないものも)良いんですがまだ熟れてない部分も多々ありで、乗り換えまでは無理。

というわけでつまるところはApple Musicに回帰です。
25000曲制限が早く取り払われることを願いつつ、止むを得ずライブラリを絞ってます。
# メディアの種類をオーディオブックにするという手で。

それはともかく聴き放題はあまりに素晴らしいのでライブラリに追加しまくり、聴きまくり。

以下一例。
Led Zeppelin / Presence (Deluxe Edition)
Led Zeppelin / In Through The Out Door (Deluxe Edition)
Led Zeppelin / Coda (Deluxe Edition)
この辺は当然のメジャー枠。Codaは特に未発表多くて凄い

Frank Zappa / Hot Rats
Frank Zappa / The Man from Utopia
Zappaもかなり充実してて嬉しい

Brand X / Moroccan Roll
XTC / English Settlement
まだメジャー枠だよね...

3 / Live in Boston
EL&Powellよりマイナーなライブが発掘されていたとわ!

Colin Bass / An Outcast of the Islands
まだ英国勢。まだ途中までしか聴いてないが大傑作の予感

Tonton Macoute / Tonton Macoute
DRUID / Fluid Druid
英国勢だがかなり怪しくなってきました。

土岐麻子 / Bittersweet
たまにゃー国内勢も聴くさ。80's POPsの現在進行形。

Sebastian Hardie / Windchase
Sebastian Hardie / Four Moments
豪州産プログレもあった

Picchio Dal Pozzo / Abbiamo tutti suoi problemi
Focus / Mother Focus
Trace / Trace
伊太利亜とか和蘭陀も結構色々あるよ。

Solaris / 1990
Solaris / Martian Chronicles II
EAST / Jatekok
EAST / Hüség
Eduard Artemiev / Warmth of Earth
東欧勢もなかなかどうして探せばあるのが素晴らしい。このあたりが国内発サービスではお話にならないトコロであります。CD復刻では世界に名だたる感じだったのにねえ。

Stelvio Cipriani / Tentacoli
知る人ぞ知るイタリアンサントラ界の重鎮?Tentacoliとは何を隠そう、かのテンタクルズであります。能天気なテーマの変奏がビーチにぴったりなんだぜ...

いやもう聴くネタ一生分あるんじゃねーか?

とりあえずネタで比較するなら洋楽派(プログレ派)はGoogleかAppleの二択だよな。


August 30, 2015

渡辺宙明卆寿記念コンサート


という訳で昼夜二部公演の昼に行ってまいりました。
『マジンガーZ』組曲
『グレートマジンガー』組曲
『大鉄人17』組曲
『太陽戦隊サンバルカン』組曲
『スパイダーマン』組曲
『宇宙刑事ギャバン』組曲

コンサート内容はこんな感じ。
Z組曲にて「Zのテーマ」が流れたあたりでとりあえず来てヨカッタな〜と感無量。
惜しむらくはMOOGのミョンミョンベースがなかったことか。

大鉄人〜スパイダーマンの部分は番組自体はほとんど見てないのですが、サントラ者としてはレオパルドンのテーマなんかはグッとくるポイントではあります。

グレート〜が終わった時点で、一旦弦セクションが退場してしまいステージ上ものすごく寂しくなったのですが、これは大鉄人の録音編成にするための処置で、それでも迫力のあるアレンジになっているあたりは流石の手腕と逆に唸らされる趣向でもあったりなんかして。
スパイダーマンではがっつりパーカッションセクションが大活躍で、最後のオケメンバーへの拍手でもパーカッションセクションへの拍手は一際大きく、皆わかってるな!おい。

本編終了後のアンコールでレーザーブレードのテーマが始まったのですが、なんと3本メドレー版で憎い選曲。

先日のライブハウスでも思ったけど、さすがに齢90ともなると足元はちょっと覚束無いとはいえ、しゃべりなどは全然元気なのであります。

アンコール最後はご本人指揮のもとグレート&Zを大合唱。あくまでも劇伴中心のコンサでこの手の演出は良し悪しだなぁとは毎度思うんですが、諳んじてますから歌詞カードなんかいらないんだぜ。
とはいえこれからやる夜の部はたぶんサンバルカンとスパイダーマンのはずなので、小生的には昼の部で正解だったななんて。

ちなみにパンフは資料性も高いものでしたが、配送業者のミスで開場時に届いておらず、帰りに配るという珍事発生。

そのパンフにて判明したのが、今回は第一弾ということですでに第二、第三のコンサが決定している模様。
次回は3月にキカイダー、イナズマン。三回目は5月でシャリバン、ジバンが予告されてました。次回はとりあえず来て みても良いかな。

なお、録音もしているということでLIVE宙明がいずれ発売されると思われ。


July 04, 2015

Chris Squire

YESオリジナルメンバーにして唯一在籍し続けたChris Squireが他界したとの事である。
やっぱりちょっとショックだわ。

この夏予定されているツアーはBilly Sherwoodが代打として参加するとの事だが、YESはこの先どうするんでしょうかねえ。

より以前の記事一覧