音楽

November 11, 2017

菊池俊輔音楽祭その2

と言うわけで何だかんだ現場に足を運んで来たようなわけですが。
選曲の方はその後リクエストなども取った挙句に追加もあったのは予定だったのかどうか分かりませんが、Drスランプ、ライダー、V3、キャシャーン、グレンダイザー、ホッパ&将軍様と結構なラインナップ。将軍さま以外は基本1コーラスのメロオケ、将軍様のみテーマと立ち回り曲。
菊池俊輔というとやっぱりメロオケなもんで(それだけメロディが強いとも言えるが)、追加があったのは何より。
ここの白眉はやはり将軍様でして、まさか冒頭が馬蹄の音から入るとは良い仕事すぎる。何言ってんだか観た人じゃないとわかりませんでしょうが、パーカッション隊が仕事してたのです。
リクエストにあって漏れた中で大きいのはGメンか。本人もお気に入りの仕事らしいので是非欲しかったがなァ。

これら追加は冒頭にまずどーんとやりまして景気つけた後に予定通りのゲッター、バビル、ドラえもん、ドラゴンボールの組曲を順番にという構成。
ゲッター&バビルが意外に覚えてないもんで少々地味に聴こえたのに対して、実はオケ的に最も映えて面白かったのがドラえもんだったのは収穫だったですねえ。
今回オケに弦が数少なかったので(1stVl,2ndVl,Vla,Vcが各々2名、Cbは無しでEB有り)となるとVlの音量がやっぱり派手な曲だと足りないんですよ。菊池曲にしばしばある弦のあれ(タリラリラリラリってやつね)とかも隠れ気味で。
んで、ドラえもんだと元から小規模な楽曲が多いもんで弦とか木管も良く響いてバランスが良かったのだな。
何げにアクション曲っぽいのもあって、菊池俊輔カタログとしても予想以上に良い選曲でした。
ドラゴンボールになると、全く見てないので個人的には新曲発表会に等しくて、菊池節がそこかしこに感じられるなあとは思えど思い入れではやっぱり敗けるのは仕方ない。
最後に大概付いてくる合唱コーナーは、ライダー、バビル、ゲッターでした。

可能性はあまり高そうな気がしないが、次があるならやはりライダー&Gメンをメインでお願いしたいところ。ほのぼの路線はロボコンとかでどーですか。

ところで今回は客席に渡辺宙明御大は来ていましたが、当の本人は舞台にあがる事もなく気配も無し。裏にはいたかも知れないが…謎の人のままであった。

追記
NHK番組によると現在病気療養中との事。むむ。

October 29, 2017

Profondo Rosso あるいはGOBLIN

川崎はクラブチッタのザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック というライブシリーズですが、昨年行われたサスペリアのライブ上映に続いて今年はサスペリア2やったるでと言うことでしてね。
昨年は行けなかったんですが、今回は行ってきましたよ。
Dario Argento最高傑作とも言われるサスペリア2の初鑑賞が生演奏付きとは贅沢じゃないですか。
実はGOBLINも初ではあるのだが、今回はClaudio SImonetti’s GOBLINと銘打っているようにオリジナルメンバーはSimonettiだけ。GOBLINも御多分にもれず離合集散の歴史がややこしいもんでナニが本家でナニが分家とか凄い現状ですけれどもArgentoとの関係性で言うならSimonettiが相応しい気はするかな。

まずはサスペリア2の全編上映から。原題をProfondo Rossoと言うように有名な話ではあるがサスペリアとは何の関係も無い独立した作品であります。なにしろ製作がそもそもサスペリアより前なんだから「2」の訳がない。サスペリアが当たったもんで、ここ日本では「2」として公開してしまえと言うArgentoもビックリの東宝東和商法。
しかしながらいわゆるジャッロ映画の傑作ともいわれる本作品はサスペリア共々カルトな人気を博して今日に至るのであります。
実際観てみれば導入部に超能力者と言うフリはあるもののその後はオカルト要素はほぼ皆無のミステリー劇ではある。ところどころハッタリやらなんやらでなんでそうなる?と言う部分はあるのだが、何しろ映像トリックにつきまして、映像作家としてのArgentoは流石だなあとうなる次第。これは映画でなければ出来ない表現なのです。小説では言うまでもなくマンガでも無理。
とは言え初見で見抜くのはまず不可能とも思うけど。
これ多分De Palmaの「殺しのドレス」にも影響与えてるんではないかな。

ところで映像シンクロの生演奏ですが、実に贅沢な体験ではあったけれども、演奏はじまるとそちらのエネルギーが強すぎて映画本編がバンドのPVみたいになってしまい、本来ならあるはずのサスペンスが逆に緩和されるという良いんだか悪いんだか。だいたい犯行シーンに漏れ無くついてきますので。

そんなこんなで第一部が終了し30分の休憩を挟んで、ベストヒッツと称した第二部開始。
バンドメンバーはトリオで第一部ではほぼBに選任していたBruno Previtali はGtに持ち替え。音の薄さは感じなかったのでSimonettiの鍵盤かシーケンスでしょうかね。
時節柄を考えてか、John Carpenter のHalloweenのカヴァーもあったりなんかして(ついでにTubular bellsも)。選曲はZombiが無かったのが惜しいが(前回はあったのに)、この辺はもうしょうがないっすね。毎回同じてのもあれだし。

October 01, 2017

菊池俊輔音楽祭

菊池俊輔音楽祭を以前やらんもんかと書いたら実現の運びに。
だけども選曲が自分的に微妙なので、もひとつ盛り上がらん感じではある。
「ゲッターロボ」「ドラえもん」「ドラゴンボールZ」「バビル2世」だとか。
カタログが膨大な中、なぜこの4作品?という疑問はある。
世間的には「ドラゴンボール」は大事なコンテンツなのはわかるんですが、小生そこにはまってないのでねえ。「ドラえもん」路線も作曲家の手腕的な意味合いとしてはカタログ的にはありではあるのだが、んじゃサントラ買ってコンサ行くかっつーとそこまで守備範囲は広くはない。
渡辺宙明コンサがなんだかんだ景気良い路線で手堅くセットリストを組んだのに比べるといきなりこれ?というかなあ。
いやまあゲッターはビッグネームとしてもそれ以上の世間的浸透度と思われるGメンも将軍様も無し。ましてや代表作筆頭のライダーシリーズも無して。
しかしこれがウケないと次回はないと思うと悩むところではあるんで結局行くことにしてみたりなんかして。

September 23, 2017

ゴジラ伝説V

前回ライブであればまた別とか書いたりしてんだけど、NY録音による第5弾が登場と同時に発売記念ライブがあるなんつー話を聞きつけてチケ押さえてみれば、場所は調布市せんがわ劇場という場所。
行ってみたらば席が120もないという小さいハコでして、5000円x120としても井上誠&ヒカシュー+ゲスト+スタッフのギャラとかペイできてるんでしょうかなんて心配までしちゃったりなんかして。
そのバンドはヒカシューにSax,Tp,Tbの管を加えてと言う事で「生」成分強め。ゴジラ伝説的に言えばもう少しシンセ寄りで聴きたかったような気もしなくもないが、現在進行形ではこっちなんでしょうね。
Tpは結構辛そうで上の方がしばしば出てませんでしたが、アンコールの怪獣大戦争=宇宙大戦争では当時の勢い優先な雰囲気が逆に出てたかも(笑)。

ところで今回発売翌日ということで、CDは物販で買おうかななんて思ってたら劇場お買い上げの人にはサイン会(井上誠&開田裕治)あるよなんて言われて、人数も少ないし素直にサインいただいてきましたよ。井上さンとはちょっと会話もありで。

とりあえず今回ライブ来た人限定のレアナンバーといえばキノコホテルのマリアンヌ東雲嬢をゲストヴォーカルにむかえての伝説のアングラソング「かえせ!太陽を」ですね。
なんでもバンドの方でカヴァーしてるそうで(iTunes Storeにありましたよ)その所縁での披露かと。
なにしろゴジラ伝説には未収録でありますんで、これは素直に良かったです。

チラシによるとVレコーディングメンバーでのライブも予定されてるらしいですよ。

April 17, 2017

Yes featuring ARW

今再びの YES南北朝時代というのは前にも書いた通り。
んでいわゆるYESが本家YESとするならば、こっちゃ元祖YESとでも言えば良いのか。
YES featuring Anderson, Rabin & Wakemanてなもんで、YESなの?そうでないの?みたいなね。
とは言えVoice of YesことJon Andersonがいる強みはあるのであった。本家が大黒柱のSquire亡き今、面子的にもARWの方が役者が揃ってしまっている感は強かったりなんかして。
まあ良いんだけど。

ところで事前情報の感じからして肝心のセットリストはほぼUNIONツアーの踏襲に近いと言うことで、ここは本家よりも新鮮味は無いなぁとは思っていたのだな。我ながらしつこいがTalk with Wakemanをやってくれれば狂喜乱舞ではあったけれども、蓋を開けてみりゃ結局無難なセットリスト。
Unionツアーはさんざん見聞きしている身にしてみれば26年!(マジか〜)ぶりとは言え、もう少し攻めたセットリストが欲しかったところ。
ただUnionツアーではなんだかんだTony Kayeの出番もあったのに比べるとKeyはWakeman単独と言うことでやっぱり外連味の強いピロピロ手癖キーボードでデコレーションされるのが目立った結果、Rabin + Wakemanという珍味はそこそこシミュレーションされたようには思う。やっぱり面白かった。

Andersonが思った以上に元気なのも良かったですよ。一部?キーは下げてたように思いますが。
それ以上にRabinのヴォーカルの衰えの方がちょいと驚きでしたがね。声と音程共に。

ただし会場は最後のアレ(Wakeman&Rabinの会場練り歩き)で大盛り上がりになりましたんで、そりゃ盛り上がるでしょって話でねえ。
なんだかんだ、満足はして帰って来たわけだけど。
あー、でも何故だかWakemanのソロコーナー無かったのはやっぱり残念。

どうにも再びの再合流も無くは無い…のかな?
全てはド天然のAnderson次第か。

そんな日にAllan Holdsworthの訃報も飛び込んで来たりなんかして。
そろそろ総じてそういう時期なんでしょうけどねえ。

March 05, 2017

渡辺宙明スペシャルコンサート

卒寿記念の3回シリーズは終了したものの、3/4に渡辺宙明スペシャルコンサートと銘打って、新たなライブが開催されたのであった。
演奏は渡辺宙明スペシャルブラスとなっていたので、弦無しかーとか思ってたんですがまあ一応チケは押さえたんですな。
その後キーボードが参加する(どーゆー繋がりかKeyboard Magazine読者にはお馴染み篠田元一ってのに驚き)ということが判明し、これなら弦無しでもOKかも(というか普通にビッグバンド編成だよな)なんて思いつつ。
しかも主席Tpにエリック・ミヤシロ(過去にはJerry Goldsmithコンサでも参加してましたな)とかなかなかのもんですよ。主席Tbの中川英二郎さんも知る人ぞ知るトッププレイヤーだそうで。

そんなこんなで当日を迎えてみれば、ゲストに永井のGoセンセイなんかも来てたり(トークは特に無し)ということでマジンガーを中心にゴレンジャーとかキカイダーとか70年代前半のジャズロックテイストが選曲されたのは当然なのであった。
歌のゲストについにささきいさおか?とか勝手に想像してたけど、今回は誰も来ませんでした。ゴレンジャーだとミッチも呼ばんとならんしな。

指揮もいましたけど基本的には卒寿シリーズに比べてオケノリよりはバンドノリ強めでドラム含めたリズム隊も多分今までより演奏の自由度と音大きめ、ツインキーボードによって弦やオルガンも補完と演奏的には今回がベストという結果に。
先行販売のVol.3のCDも入手したけど、ミックスがライブな点を差し引いてもやっぱりノリが大人し過ぎると思うんですよ。
もちろん生で聴けたという価値の方が大きいのはあるんですけどね。
ちなみにクッシーが盛大にトチった為か権利関係か知りませんが本人歌唱コーナーは全てカット。まあ会場限定の特典ということで(笑)。

駄菓子菓子(なんだこの変換)。
いや、だがしかしキカイダーのアクションテーマと主題歌アレンジはこの編成を持ってしてもオリジナルのギターソロは再現されずで不満が残る出来。
必ずしもフレーズを完コピしろとは言わないが、テイストな。テイストが欲しいのよ。この辺は世代的にもドンピシャでは無さそうなプレイヤーという点に問題があるのかも。
アクションテーマは今回はジャズロック編成を意識して一応ソロ回し的な展開もあったんですけど、ここでトワンギーな味を出さんところがなあ。
主題歌はカッティングの後ろでひたすら弾きまくってる謎のギターソロがあれば会場の87%以上は狂喜したろうにねぇ。編成上ツインギターなのに!だよ。

キカイダーは脳内に染み付いてるもんであれですが、他は馴染みのある無しはあれど代打指揮者の徳永洋明さんのノリも含めて良かったですよ。
選曲はまあ言いだしたらキリが無いし。

またやりますんでという発言を信じるならば、このバンドノリを生かしつつ生弦足して欲しいわー。主題歌の傑作アレンジたるイクサーロボの他、ある意味宙明サウンドカタログと化してるイクサー1とか期待しつつ。

しかしなんだな、こうなるともう一人の重鎮、菊池俊輔のコンサは無いもんかね。
これまたカタログが膨大すぎるのと、メロオケばかりというのも芸が無さそうなところで構成が難しそうだが。ライダーで絞るのも手だが、どうせやるならGメンは聴きたいし、将軍様も捨てがたいとかさー。

November 23, 2016

YES 2016 ジャパンツアー

唯一一度も脱退しなかった創設時メンバーにして文字通りの大黒柱だったChris Squireが逝去して残ったメンバーはといえばなんと創設時メンバーは誰もいないという状態になったYESが二年ぶりに来日。

DrのAlan Whiteも腰の手術だとかで直前まで来日が危ぶまれたとはいえ、なんだかんだSteve Howe爺がいれば良いのさという事で初日に参戦。

実際んところ冒頭が Machine Messiah と言うだけで DRAMA 好きの小生は元取った気分。
ここからDRAMA三連発というDRAMA推しは全くもって正しい選択。
なぜなら実は今再びのYES南北朝時代でもあって、Anderson, Rabin & Wakemanというプロジェクトが来日も決まって進行中。だけどそっちは絶対DRAMAやりませんから。

ところでAlan Whiteが日本ツアーから復帰とアナウンスされていたものの、始まってみればブースに座ってんのは出戻りメンバーにして二代目ベーシストを務めるBilly Sherwoodの繋がりからJay Schellenだったり。でもここ最近のAlanより音もパワフルでいいんですけどね。
今回のツアーの目玉はあの海洋地形学からのナンバーを取り上げるということだったが、二部構成ということで後半だろうなという予想通り、前半はYESSONGSからのセレクト…ってそれ普通の選曲じゃないのか?という話だが。
ちなみにBilly Sherwoodは長いことChrisの相棒を務めていただけあって、芸風もなんとなく継承していてなんだか伝統芸能みたいでしたねえ。

で、第一部終了とともに20分の休憩を挟んでいよいよある意味YES史上最大の問題作とも言える海洋地形学から、「神の啓示」と「儀式」さらに結果的にわかったことだが、「古代文明」からも後半部分をHowe爺のソロコーナーも兼ねてみたいな位置付けでやりまして、結局この超大作の半分以上が披露されたわけです。
まあ中には「海洋」こそ至高みたいな人もいるような気がしないでもないが。という小生も別に嫌いじゃないけどね、実際久しぶりに聴いてみるとやっぱり、駄作ではないけど冗長かつ散漫な印象は否めませんな。
最新アルバムのHeaven & Earthが異様に地味なイメージだったけど、「海洋」と思えばぜんぜん聴けるかもなあなんて思ってたりなんかして。
まあとにもかくにも「海洋」のナンバーをライブで聴けたという事実が大切ですよね。
ちなみに第二部の途中からDrがAlan Whiteに交代したのでした。

アンコールはRoundaboutとStarship Trooperということで、個人的には初めてOwner of a ~ 無しのYESライブでした。今のメンツじゃ無くて良いと思ってたのでこれで良いのだ。

ところで会場じゃ早速ARWの来日チラシが配布されてまして、なんだかんだチケは既に抑えてしまいましたけれども。今回と同じく土日じゃないのが不安材料。
噂によるとUNIONツアーぽい選曲だそうで、どうせならWakeman入りで幻のラインアップとしてTALKツアーに寄せてくれないかなという願望。

Wakemanのアクの強いキーボードがあればTALKがもっと良くなってたと思うのを証明して欲しいんだよなあ。Endless Dreamとかさあ。

May 15, 2016

渡辺宙明卒寿コンサVol.3

1月のDavid Bowieにはじまって、先日は冨田勲と今年ほど音楽関係の大物が亡くなる年はないなと思わざるを得ないわけだが…と言う書き出しもあれですが、今日は渡辺宙明卒寿コンのVol.3にしてファイナルなのであった。

今回は比較的最近の作品が中心と言うことあり、どうしようかとも思ったけど、いまさら三部作の完結編だけスルーもあれだし。

プレトークのゲストは大葉健二と渡洋史。もう一人は宇宙で任務中のため残念ながら欠席だ。
大葉健二さんはトークが苦手なのか、音楽詳しく無いからなのか言葉少なめ。すっかりあたまは白くなってました。
一方の渡洋史さんは宙明ミュージックの原点はマジンガーにキカイダー、さらには17と淀みなく出てきて、この人さてはフツーに好きな人ですね。
ちなみに生蒸着と生赤射披露を最後に。

本編はと言うと、午前中にジム行ったのが効いてしまい、ジバン組曲は少々気を失ってしまいましたが、シャリバン、シャイダー、ゴーダンナーの各組曲で何度もレーザーブレード変奏を堪能。
シャリバンあたりがオケ、指揮ももツボをつかんだか練度が上がって一番ノってたかな。後半は特に金管隊が少々息切れしてた風だったもんで(無理も無いか)。

歌のゲストはアニキとクッシーとミッチ女史。クッシーはシャリバンエンディングで思いきりトチってましたがあまり歌う機会なさそうとは言え、音源化で修正されるのか注目であります。

さて堀江美都子だが、なにを歌ったかといえば、野球狂の詩…ではなくなんとサザエさんであります。
言うまでもなく、筒美京平版が有名だが、実は火曜再放送版は渡辺宙明だったのだな。ン10年ぶりに聞いたような気もするが、あったわーみたいな。
んでまあ声の出てることと言ったら、三人の中では正直ダントツ。このなかじゃまだ若いもんね。

最後の合唱コーナーはゴレンジャー(今回花輪は来てたけど、結局出演は叶わずなささきいさおの持ち歌ですね)とシャリバン。

だが演奏の白眉はやっぱり不思議ソング(男女混合コーラス隊付き)でしたかね。生でこれって二度となさそうだが、今聴くと実にプログレッシブな異色作でした。

あとは物販でVol.2のライブを先行発売してたもんで入手。
権利関係か、本人歌唱は成田賢以外は収録されず。おかげで?1枚組でした。

そういえば成田賢氏も今日の会場に来てたな(普通に自腹か?)。

March 13, 2016

巨星逝く

そろそろそう言う時期なんでしょうか。
そりゃもうロックンローラーも皆いい歳ですからね。
事情は様々なれど、〜〜マガジンとか毎号に訃報欄があってもおかしくないのかも。
という訳で不世出のキーボーディスト、我がヒーローのKeith Emersonが逝ってしまった。

そう言えばKing Crimsonの来日公演時で来日予定のチラシをもらっていたのだった。
それが来月の事だったのだが、実はチケットはおさえていなかったのだな。

確かGreg Lakeとのデュオ公演もキャンセルになっていたはずで、それもまたチケットはおさえてなかったのだが、そうなると結局2008年のライブが日本ではラストだったのか。

合掌。

March 05, 2016

渡辺宙明卒寿コンサVol.2

昨年の夏に続いて第二弾。事前予告じゃキカイダーにイナズマンといったラインナップだったので、オーケストラって感じではないがと思いながらそれはそれでと思いつつ行ってきましたよ。
結局今回はブラスオーケストラと銘打っての弦無し構成。第一回の「大鉄人17」みたいな構成で全篇という趣向。ターゲット絞ってきたなあって感じはしたが、それはそれで。
実際見てみれば4リズム+ブラス隊+αでして言ってしまえばブラスロック編成。しかしあくまでもオーケストラなのでエレキ隊とDr.がラフな格好なのを別とすると皆正装だし、指揮者もいるのでなんだか風変わりな体裁ではありましたなあ。

コンサートの前には渡辺宙明、伴大介、ムトウユージ(どういうつながりが知らんがクレしんの監督だそうな)のプレトークもあり。
演奏ラインナップはギャバン主題歌セルフアレンジから始まって
デンジマン組曲
キカイダー組曲
イナズマン組曲
ゴーグルファイブ組曲
ゲッターロボ號組曲
といったところ。

さすがにゲッターまでくると全く馴染みはないが、このラインナップの中ではアレンジが明らかに違ってきているのが面白い。
で、今回の目玉と勝手に思っていたキカイダーだが、個人的には有名なアクション曲のトワンギーなギターソロをもっとフィーチャーして欲しかったかなぁ。ギターソロの手前でアレンジ終わってたよな…
主題歌のメロオケもオリジナルに入っている謎の弾きまくりギター(オリジナルだとこのギターがミキシング低めなのが色んな意味でまたオカシイのだが)をカマして欲しかったよ。
ま、あくまでもオーケストラなのでDrも叩きまくりとかいうことなくアンサンブルに徹していたのが、今回みたいなブラスロック編成では少々物足りなくあったか。
あと何カ所か肝心のところでTpが音外してたのもね。CD化で修正するのかね。
まあ贅沢申せばって話だけども。

ところで二回目にして既に恒例となっている(笑)合唱アンコールだが今回どえらいことになってしまいました。
いやあ何なんスかね。前回と違って花を送ってきてたのが目立つところで堀江美都子だけだったのが伏線だったというね。
成田賢だけは事前告知があったので予想の範囲だったけど、配られてた歌詞カードにはデンジマン、ゴーグルV、ギャバン、ゲッター、ハカイダー、キカイダーと載ってて今回一回公演なのにどういうつもりなんだ?と正直思ってましたよ。そしたらまさかのオリジナルシンガー勢ぞろいで1コーラスづつ大合唱というね(兄貴は2曲)。んで故秀夕木氏のキカイダーはラストにオーディエンスのみという趣向で。これ子門真人も引退してなきゃ呼んだな。
ちなみに夏の公演の時は皆さん関西でスケジュールがあったそうで、誰も来れなかったんだとか(笑)。

物販では前回のライブ盤が先行販売されてましてゲットしてきたよ。
実は「Zのテーマ」で地味にミョンミョン言ってましたなー。

さてVol.3はどうする。次回は確実に弦が戻ってくるはずだが面白いのは確かなので馴染みなくとも行っちゃいますかねえ。

より以前の記事一覧